世界トレンド1位「突然ですがKinKi Kids年末大放送」で最も議論されたお題にファン「KinKiらしい」と歓喜

更新日:

12月29日、NHKFMにて「突然ですがKinKi Kids年末大放送 〜ぼくたちもうすぐ40さい〜」が放送されました。この「突然ですが」シリーズは過去何度か不定期で放送されており毎回好評を得ています。今回サブタイトルにもなっているとおり来年40歳を迎える二人ですが、節目や記念日については「興味ない!」とバッサリ!その流れでイベント事への不満が爆発という、なんともKinKiらしいスタートになりました。

「一つのことでずっと盛り上がれる」KinKi Kidsの新しいネタ発見!

「私だけが知っているKinKiの名曲」というメールテーマで最初にリクエストされたのは「5×9=63」。このタイトル、KinKiファン以外は読めないであろう楽曲で「ごくろーさん」と読みます。こちらは2002年10月に発売された「solitude 〜真実のサヨナラ〜」のカップリングになった曲です。KinKiのお二人も「その場のノリでなんとなく作ったやつ」というような即興曲で、なんともある意味KinKi Kidsらしい楽しい楽曲です。光一さんが「リズム系を入れようかって言って、マラカスをやって。マラカスってめっちゃ難しいねんな。」と曲を振り返っていると、剛さんが「ちょっと、俺はずっと気になってんねんけど、マラカスじゃないの?」と光一さんのイントネーションにツッコミが。光一さんも「マラ↓カス?マラ↑カス?」と正式なイントネーションが分からない様子で何度もマラカスを連呼。剛さん曰く、光一さんのマラカスは国名のようだといい、「古き良き国、マラカス」と某番組のナレーションのように光一さんのマラカスをかなり気にいった様子。どんどん話を広げる剛さんに「ちょっと!難しかった話、させてくれへんかな?」と光一さんが楽しそうにつっこみます。曲が放送されている間にネットで検索した光一さんでしたが、イントネーションでは出て来ず、アクセントにしたらもっと音楽的な事が出てきてしまったと報告が。ファンからは「マラカスがトレンドに上がってる(笑)」という楽しそうな声が上がっていました。

光一さんのジャニーズweb写真に剛さんからダメだし!

その後もちょいちょい「マラカス」を挟みながらリクエストの曲をかけていくKinKi Kidsのお二人。今回はカップリングが多くリクエストされており、KinKiファンにとっては大喜びの選曲ではあったものの、当の本人たちには「ちょっと覚えてない。」「聞いたらさすがに分かるけどタイトルだけじゃ」と思いだせない様子。結局聞いた後も「思ってたのと違うわ!じゃあ俺が思ってたのはなんやったんや!」と新しい疑問を残すだけとなりました。また、最近光一さんはジャニーズwebの自身のブログで写真を連日アップしており、ファンの間では「光一くん、写真載せられること教えてもらったのかな?」と喜ぶ声が多く挙がっていました。詳しくは会員のみのサービスなので言えませんが、いわゆるどアップの写真構成になっているものです。この写真について剛さんからまさかの大批判が!「楽に仕事しようとしてるやん!」という剛さんに「違うやん!」と反論する光一さん。実際にのせた写真を剛さんに見せながら「楽ちゃうよ!これ、どんだけ苦労して撮ってると思うねん!」と力説。ファンの子は普通の写真が欲しいと思うという剛さんに「そうやろ!?だからせぇへんねん!」と答える光一さん。この回答にもかなりの大ひんしゅくを買った光一さんでしたが、次回のせる予定とした写真を見せた時には剛さんは「おぉ!これはええやん!」と好印象の様子。話の限りキメキメの写真ではなさそうではありましたが、なかなか面白い写真だったようです。ファンも、二人の写真やキメキメの写真ももちろん嬉しいけれど、それぞれが楽しそうにブログを更新してくれることが何よりうれしいと言った様子でした。

会心の一撃の合作「銀色暗号」に隠された暗号とは?

二人が作詞作曲した楽曲は何曲か発表されていますが、あまり一般の方には知られていないのが「銀色暗号」ではないでしょうか。二人の共作と言えば「愛のかたまり」が有名で、ジャニーズの後輩の子たちだけではなく他のアーティストの方にも歌われる、人気の楽曲ですよね。今回リクエストされたのは作曲が光一さん、作詞が剛さんの「銀色暗号」。まさに一般の方にとっては隠れた名曲ともいえる曲かもしれません。光一さんにとっては実はこの「銀色暗号」の方が会心の一撃ともいえる一曲だったそうで、おすすめしたい曲だそう。歌詞もとても複雑で含みのありそうな剛さんらしい作詞なのですが、この作詞について光一さんから「今だから明かせる暗号とかないの?」との質問が。ファンにとってもこのような裏話は嬉しいのですが、まさかその質問を光一さんが投げかけるとは思っていなかったのでファンもびっくり。繊細な詞なだけに、実際に歌詞の中に出てくる「問いたださないで、壊れるから」という言葉を使って、ドキドキとこの会話の行方を見守っているファンもいました。しかし実際に作詞した剛さんは「暗号?暗号…は…ないなぁ…。」との一言が。その後も歌詞カードを見ながらなんとか説明していきますが最終的に「…どういうつもりでかいてんのかなぁ…」とポツリ。その言葉に光一さんも爆笑。結局暗号は隠されていなかったとう結論に達し、光一さんはちょっとガッカリした様子も見せていました。

最後まで「マラカス」

この番組恒例の生演奏は毎回とても好評なのですが、今回はピアノ一本を伴奏としたとてもシンプルで素敵な構成で披露されることになりました。曲は先日リリースされた「会いたい、会いたい、会えない。」。テレビでの歌唱とはまた一味違い、声や息使いなども近くに聴こえるラジオ。今回は年末のコンサートがないことから二人の歌声を心から望んでいるファンが多くいるだけに、とても心に響く歌唱となりました。しんみりとした雰囲気からゆるい空気にもっていくのはKinKi Kidsの定番ではありますが、結局この放送でも最後に出てきたのは「マラカス」。とうとうマラカスのイントネーションが分かったと嬉しそうに報告する光一さんにどうしても国名に聞こえるという剛さん。KinKi Kidsらしさを存分に味わう事ができた魅力たっぷりの2時間。あっという間ではありましたが、ファンは楽しい時間を過ごすことができたのではないでしょうか。ちなみに「マラカス」のイントネーションはどっちでもいいらしいです!また次回の「突然ですが」シリーズ、ぜひ楽しみに待っていたいですね。(文:KinKiKidsライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.