KinKi Kidsの生歌披露中にハウリング!堂本剛がとった行動にファン「さすがだった」と絶賛

更新日:

6月26日にテレビ東京で放送された「テレ東音楽祭2019」。年末恒例のライブが昨年休止になっていたKinKi Kidsが二人揃って歌う姿に注目が集まっていましたが、音響トラブルが発生。そこで見せた二人のプロ根性に賞賛の声が上がっています。

MCには国分太一と広末涼子!冒頭からKinKi Kidsの姿が


今年のMCには広末涼子さんが抜擢され、広末さんといえば、剛さんのドラマでの共演が多かったことでも知られています。また、総合MCには今年も国分太一さんが勤められることに。

番組は毎年生放送。番組冒頭に国分さんを迎えるKinKi Kidsの二人が映し出されたことで、出番前に映るとは思わず油断していたファンは大盛り上がりとなりました。

光一「元カレのキスシーン 再現しちゃう?」にすかさず剛のノリツッコミ

KinKi Kidsが登場したのは20時過ぎ。今回披露するのは、広末さんと共演したドラマ「元カレ」の主題歌の「薄荷キャンディー」。そして、『フラワー』です。

番組では、広末さんと共演した当時のドラマの映像も流れ、ファンにとっては、放送当時胸がときめいた、あのキスシーンを再び見ることができたようです。

そして、思いがけず改めて見る羽目になった剛さんと広末さん。二人ともさすがに恥ずかしそうな表情です。そんな二人とは裏腹に光一さんは大はしゃぎ。国分さんは「男前の顔出してきた!」と茶化します。

剛さんは「はっずー」と赤面。しかし、「覚えてますか?」という質問には広末さんも「あんなシーン…ありましたっけ…?」とまさかの回答が。剛さんも「ねぇ…?」と覚えていない様子。

光一さんはそんな二人を尻目に「再現しちゃう?」とけしかけます。すかさず剛さん「じゃあいいですか?すいません…てバカヤロウ!」とノリツッコミが繰り広げられ、ネットでは、二人の仲睦まじい姿に「剛くんめちゃくちゃ恥ずかしがっていたね」「元カレのキスシーンイケメン過ぎて倒れた」等々、ファンから歓喜の声が上がりました。

ついに二人の生歌披露!しかし…ハウリングが?

一曲目に披露したのは「フラワー」。突発性難聴を患っている堂本剛さんはヘッドフォンをつけてステージに立ちましが、冒頭からどうやら音が届いていない様子。

耳をかばうためのヘッドフォンを少しずらしながら、周りの音から判断したように歌い出します。その後もスタッフに合図を送っているようですが、改善される様子はありません。

さらに、ハウリングが聞こえてしまうハプニングが。剛さんはヘッドフォンを付けていられなくなってしまったようで、外してしまいます。生放送なので途中で止めるわけにもいかず、プロ根性を見せ1曲目を完走。

二曲目は待ちに待った『薄荷キャンディー』。しかし、ここでも音響はあまり安定せず、剛さんはヘッドフォンを外したまま。

普段は光一さんに背中を向けて歌うことが多い剛さんですが、曲の後半では光一さん側に体を向けて歌います。ヘッドフォンに頼れないため、光一さんの歌声を確かめるように音を取ったためではないかと見るファンが多く、咄嗟の行動が功を奏し、完璧な歌声をお茶の間に届けました。

「さすがだった」二人の歌声に賞賛の声

剛さんは、最後は耳を抑えつつ歌いきり、音響が不安定な中での生歌披露でしたが、それでも二人のハーモニーや歌声に感動する方は多かったようです。

放送後は、ネットで「今回のことがお耳に悪影響とならないことを祈る」「剛さんのお耳は大丈夫だったかしら? 影響がないことを祈ります」といった剛さんの耳を心配する声が多く上がっていました。

また、ハウリングにも負けずしっかりと歌い上げた二人に「キンキの音響調整難しそうだったけど、そんな中でも歌えるふたりはさすがだった。」「音響のことは何も分からないけど KinKi Kidsのプロ根性には感動した」といった賞讃の声が上がりました。

さらに、ハプニングは起こってしまったものの主催のテレビ東京に感謝を告げるツイートも多く、「音響ひどかったけど、生演奏に拘るキンキに合わせてくれたことに感謝しなければなりません」「テレ東さんKinKiさんありがとう…。お疲れ様でした」と二人の生歌が聴けたことが何よりも嬉しかったことを告げる愛あるメッセージも上がりました。

ハウリングにも負けない二人のハーモニーは、今回も最高の時間となったようです。次に二人が出演する音楽番組は、TBSの「音楽の日」とフジテレビの「2019 FNSうたの夏まつり」です。今から放送が楽しみですね!(文:アイドル担当ライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.