木村拓哉「逆の立場だったら絶対イヤ」先輩と共演するキスマイ玉森に気遣い…リサーチ力に感動の声

更新日:

10月18日放送の「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系)に、20日からスタートする日曜劇場「グランメゾン東京」(TBS系)主演の木村拓哉さんを始め、出演者が続々と登場。その豪華な顔ぶれによるトークが話題になりました。

木村、及川、沢村が車内トーク「台本は一冊も捨ててない」


この日の放送では、木村さんがタクシードライバーに変身。共演者をタクシーに乗せ、共演者の小さな夢叶えながら、さまざまなトークが繰り広げられました。

及川光博さんと沢村一樹さんを乗せて走っていると、お風呂が大好きな及川さんが、「入浴中に何をしているか」という質問を木村さんに投げかけます。

及川さん自身は入浴中に台本を読んでいるといい、沢村さんもそれが最も短時間でセリフを覚えられる方法と便乗。

一方、木村さんは台本のページが湿気で歪んでしまうことが嫌と語るも、音楽を聞いたり漫画を読んだり小説を読んだりはしているそう。

沢村さんから「小説がメラメラ(紙が歪むこと)になるのはいいんだ?」と聞かれると、「うん、台本は嫌だけど」と答えます。

その木村さんのこだわりに沢村さんは理解できない様子をみせるも、これまで出演した作品の台本は全て取って置いてあるという、木村さんの一つ一つの作品に対する思い入れが感じられる一幕となりました。

木村、ついに老眼!きっかけは「A LIFE~愛しき人~」

最近老眼がきていると話す沢村さん。老眼のせいで、せっかく綺麗な女優と共演できる機会が多いのに、焦点が合わず女優の顔がぼやけてしまうと話します。

そして木村さんも、自身の老眼が発覚したときのことを語りました。

原因は、2017年に出演していた「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)という医療ドラマの撮影。顕微鏡を長時間覗き込むという撮影終了後、家で新聞を読もうと開いたところ、字が読めなくなっていたのだとか。

木村さんは、恐らく撮影の際、集中するあまり目の筋肉が固くなってしまったことが原因と語り、それを聞いた沢村さんは、老眼になるきっかけさえも「カッコイイ!」と驚きをみせました。

木村、後輩のKis-My-Ft2・玉森の好みも把握「ちゃんと知っておかないと」

今回共演するKis-My-Ft2の玉森裕太さんに関して、及川さんから「玉ちゃんと喋ったりするの?」と木村さんに質問が。

そして「結構緊張しているよね、玉ちゃん」と言われると、木村さんは「逆の立場で考えたら絶対嫌だもん」と先輩と共演する後輩の気持ちを汲み取ります。

続いて、女優の鈴木京香さんが、玉森さんに聞いてみたいことは「好きな食べ物」と言うと、まだ合流していない玉森さんに代わって「卵焼きです」と答える木村さん。

更に玉森さんが家で料理するのかと聞くと、「チャーハンぐらいです」とまたもや木村さんが回答。

「よく知っているね」と沢村さんに言われると、木村さんは「一応後輩のことはちゃんと知っておかないと」とマメな一面をみせました。

そして、いざ玉森さんと合流し、先ほどの質問の答え合わせをすることに。

すると好きな食べ物はたまご焼き、よく作る料理はチャーハンと見事に全問正解。これには木村さんもご満悦の様子でした。

玉森さんのファンはネット上で「玉ちゃんの情報をわかってくれていた木村さんさすがだわ」「木村くん大正解すごすきるー」「キムタクさん凄い!感謝!」と反応。木村さんのリサーチ力に感動したようです。

今回の放送では、共演者の自然な会話を覗き込むことができ、面白かったのではないでしょうか。ドラマも益々楽しみになった方が多かったようですね。

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.