欅坂46小林由依、乃木坂46への“尊敬の思い”を赤裸々告白!「偉大な先輩なので私たちにとっては」

更新日:

10月11日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)では、欅坂46の小林由依さん、菅井友香さん、土生瑞穂さん、渡邉理佐さん、田村保乃さん、森田ひかるさんが登場。小林さんたちが乃木坂46を尊敬していることを明かして話題になりました。

(画像:時事)

■小林由依、乃木坂46への“尊敬の思い”を赤裸々告白!「偉大な先輩なので私たちにとっては」

今回は、10月12日と13日に開催されるラストライブを持って活動休止し、14日からは櫻坂46(さくらざかフォーティーシックス)として活動する、欅坂46の小林由依さん、菅井友香さん、土生瑞穂さん、渡邉理佐さん、田村保乃さん、森田ひかるさんが登場。

番組では、くりぃむしちゅーの上田晋也さんが「乃木坂46とかにライバル意識みたいなのってあったりするの?」と聞くと、小林さんは「もう偉大な先輩なので私たちにとっては…」と謙遜します。

続けて、上田さんが「ライバルとかっていう感じとちょっと違うの?」と尋ねると、小林さんは「そうですね尊敬ですねやっぱり」と、乃木坂46への尊敬の念を抱いていると語りました。

また、上田さんが「『向こうよりライブお客さんいっぱい入れてやる』とか、『CD売り上げてやる』とか、あんまそういうのないの?」と質問すると、キャプテンの菅井さんは「本当に同じような気持ちを持ってる方とかへの励みになったらいいなとか、曲が届いてほしいっていう気持ちが 凄く強いです」とライバル意識ではなく曲への思い入れなどの方が強いことを明かします。

この話を聞いた上田さんは「君たち大人だね。俺なんか、今、お笑い第7世代もライバルだと思ってるからね」と、小林さんと菅井さんのコメントを絶賛しました。

■欅坂46の金銭事情とは?

話題が変わり、「貯金が結構ある?」という質問をすると、1期生の小林さん、菅井さん、土生さん、渡邉さんが「はい」と答える一方で、2期生の田村さんと森田さんは「いいえ」と回答します。

田村さんは「もう本当に初めのほうとか本当に苦しくて…おにぎり1つ買うのにも、すっごい悩むぐらい本当に苦しくて。先輩方を見ていつも凄いなって、着てる服とかも見て『あぁ〜持ってるのかな~』」とグループ加入当初はお金で苦労したこともあるそうです。

続けて、1期生の小林さんに上田さんが「銀行、行ったらこんなに?みたいな感じなの?」と聞くと、小林さんは「結構そうです」と素直に回答します。

また、渡邉さんは定期預金と500円玉貯金があるそうで、同じく貯金が好きという菅井さんは、ふるさと納税をするなど、お金を有効活用しているとのこと。

一方で、田村さんは初めてもらった給料を「親からやっぱり電車賃とかも…大阪からのまだ通いだった時もあって、新幹線代とかもお母さんに今もちょこちょこ返してます、あの時の」と、お金の使い道を明かしました。

今回の放送について、ネット上では「貯金wおしゃれイズムの情報入れてくるの流石すぎる」「お嬢様ゆっかー、ふるさと納税してるの面白いな」「ゆいぽんの口から乃木坂に関して偉大と言ってくれてウヘヘってなってる」などのコメントが上がっています。

欅坂46のメンバーの金銭事情の話は面白く、特に菅井さんがふるさと納税している話は印象的だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.