川谷絵音が絶賛したバンドに"これは浸透させたい"と注目集まる「関ジャム」インストバンド企画が話題

更新日:

4月28日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」に、川谷絵音さん(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイ、ichikoro)が登場。「インストバンド最強説」という川谷さんの持ち込み企画に反響が寄せられています。

「インストバンド最強説」を唱える川谷絵音

川谷絵音さん、清塚信也さん、NAOTOさんが出演した28日の「関ジャム 完全燃SHOW」。この日は、ゲスト3人による持ち込みプレゼン企画の模様がオンエアされました。その中で、川谷さんが持ち込んだ企画は「インストバンド最強説」。通常、バンドというとボーカルがいて歌があるのに対して、インストバンドはボーカル無しで楽器だけで構成されています。

日本における代表的なインストバンドとして東京スカパラダイスオーケストラなどの名前をあげた川谷さん。とりわけ、絶賛するのは楽器に特化した事でテクニックがずば抜けている点。他にも、ボーカルがいない事でメロディの音域が広がる事や大音量で繰り広げる迫力のあるパフォーマンス、そして、言葉の壁がなく世界中でウケることなど、その魅力を解説しました。

川谷絵音が絶賛する「toe」のドラマー・柏倉隆史

インストバンドの中でも日本最強と川谷さんが評するのが「toe」。音楽活動以外でも多忙な「toe」の凄い所として、リハーサル1発で音を合わせてしまうテクニック。世界中で大ブレイクし、メンバーはバンド以外でも様々な活動をしているようで、リハーサル1発で揃う腕前なのだとか。

そんな「toe」の音楽で聞き馴染みがある楽曲として、ビートたけしさんが出演した「ポカリスエット」のCMソングを紹介します。さらに、「toe」のメンバーの中で、川谷さんが注目するのがドラマー・柏倉隆史さん。特に、かすかに聞こえる楽譜に載らない音「ゴースト」のスペシャリストであることを説明します。

実際に番組では、柏倉さんがスネアドラムで表現したかすかな音を映像とともに紹介。良く耳を傾けないとわからない部分もありますが、トップアーティストならではの視点となっていました。

インストバンドを結成した川谷絵音

続いて川谷さんは、インストバンドの「LITE」を紹介。とりわけ、「LITE」の計算されたギターフレーズとバンドアンサンブルは唯一無二とコメントを寄せます。また、「mouse on the keys」は、とにかく美しいピアノと複雑に絡み合うドラムが印象的で、神の音楽と言われた「MONO」。「NUITO」はとにかく曲調がよく変わる様々な実験的な曲を生み出すと評するなど、インストバンドの魅力を語ります。

そして、川谷さん自身も「ichikoro」というインストバンドを結成したそう。この「ichikoro」に川谷さんがメンバーとして迎え入れたのが、世界トップクラスの技術を持つギタリストのichikaさん。「全く別の次元」と川谷さんが賞賛するichikaさんのギターを弾く映像をインスタグラムで見て衝撃を受け、DMで連絡を取ったとのことでした。その流れで、食事、ギターセッションと、流れでバンドを組む事になったようで、将来はグラミー受賞もあるのではと川谷さんはichikaさんの才能に太鼓判を押しました。

View this post on Instagram

Terminal . Tab is at link in my bio and full ver is on Spotify

ichikaさん(@ichika_mo)がシェアした投稿 -

「インストバンド最強説」がSNSでも反響

ネットでは、放送を見た人から、「昨日の関ジャムのインストバンド最強説、単独企画でやらんかな」「関ジャニの川谷氏のインストバンド最強説、面白い」「インストバンド最強説か。これは浸透させたい」などの声があがっていました。

コアな企画をやる事も多い「関ジャム」ですが、地上波でインストバンドの特集をやってくれた川谷さんに感謝する声が多かったようです。違う視点で音楽の魅力を伝える有意義な企画で、できればまた「インストバンド特集」をやって欲しいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.