赤西仁、KAT-TUN時代の片鱗ポロリ!錦戸亮「お前、KAT-TUNのとき…」ファンが歓喜した赤西の"クセ"

投稿日:2021/06/25 10:56 更新日:

6月24日、赤西仁さんと錦戸亮さんのYouTubeチャンネル『NO GOOD TV』では、ふたりが監修したワイヤレスイヤホンに関するPR動画を撮影。その撮影風景が公開され、貴重なシーンの数々が話題となっています。

■赤西仁、KAT-TUN時代の片鱗ポロリ!錦戸亮「お前、KAT-TUNのとき…」ファンが歓喜した赤西の"クセ"

赤西さんと錦戸さんは、およそ1年前に、日本発のオーディオビジュアルブランド『AVIOT』のアンバサダーに就任し、AVIOTのワイヤレスイヤホンのコラボモデルを発売したそうです。

そこで今回、さらなる商品PRのため、オリジナルPR動画を制作することになりました。

冒頭で赤西さんは、企画の趣旨をリモートで錦戸さんに説明しはじめます。

まずは、ふたりが監修したワイヤレスイヤホンの概要について、赤西さんがカンペを見ながら「改めて、このイヤホンはN/A×AVIOTコラボモデル、TEハイフンD01 gvハイフンna」と読み上げると、すかさず錦戸さんが「お前、ハイフンまで読むんや?ハイフンは読まなくてよくね?」と指摘します。

赤西さんが「そうなの?普通読まないの?」とコメントすると、錦戸さんは「お前KAT-TUNのとき、KATハイフン…って言ってた?」とコメント。

これに対し赤西さんが「えっとね、ハイフンは読んでたよ。だからハイフンを読むクセがあるんだよ」と答えると、錦戸さんは「あぁ、ハイフンって(KAT-TUNの)ファンの総称みたいなことだっけ?それはもう、ファンを呼んでるってことか。ごめんごめん」と話していました。

さり気なくKAT-TUNの話題が出たことで、ネット上では「当たり前のようにハイフンを覚えててくれるの嬉しい!亮ちゃんも、すぐにKAT-TUNを出してくれてありがとう」「いつも思うけど、錦戸くんがナチュラルにKAT-TUN時代のことをポロッと出してくれるから嬉しい!」などの声が上がっていました。

■赤西仁、遠隔でディレクション「リハだと思って…」

この日、錦戸さんは自身のライブの最終日ということで、実際にライブを行うステージに上がり、ワイヤレスイヤホンを身に付けてギターを演奏するシーンを撮影することに。

赤西さんはPR映像に出演こそしないものの、遠隔でディレクションをすることになりました。

早速、AVIOTのイヤホンを付けてステージに立つ錦戸さんに「リハだと思って、気にせず歌ってみて」とリクエストをする赤西さん。

錦戸さんは自前のギターを奏でながら、前を向いて歌い続けます。赤西さんは「頭上にカメラ持って行って真上から撮れる?」「マイクスタンドの下の方から煽りで」「カメラ上手(かみて)、下に置いてカーペットと足」など、次々と撮影アイディアを出していきます。

錦戸さんの足を映すカットでは「ちょっと亮ちゃん、動いてみて?踊って?」とリクエストした赤西さんですが、錦戸さんがツイストステップをすると思わず笑い出すシーンも。

さらに「イヤホンを手にもって、5秒くらい眺めてください。その手元を撮ります」と言う赤西さんが「イヤホン、右と左どっちだっけ?あ、右と左逆だった!(という雰囲気で演じて)」と指示をすると、錦戸さんも素直にそれに応じ、見ていたスタッフからは笑い声が起きていました。

■まさに神回!赤西仁のディレクション能力に脱帽

そして動画の最後では、完成したPR映像が公開されました。

赤西さんのアイディアにより、ステージ映像が中継される映像中継車のモニターやスイッチングのカットと、ステージ上の錦戸さんを行き来する構成となっており、臨場感がありながらもさり気なくイヤホンが映っているという非常にクオリティの高い映像となっていました。

短い時間で撮影したとは思えないほどの出来栄えに、ネット上では「表舞台で活躍しているふたりが、表の人と裏の人に分かれて役割をこなしているところを、同時に見られるのが面白かった!」「まさか亮ちゃんの歌が聴けるなんて神回すぎる…!仁くんのセンスが光ってました!ありがとうございます」「ずっと的確に指示してて、仁くんのディレクション力すごいな」などの声が多数上がっていました。

それぞれの持ち味が存分に発揮されたまさに"神回"だったのではないでしょうか。ふたりの今後の活躍も楽しみですね。

【番組情報】
NO GOOD TV
https://www.youtube.com/watch?v=s-eGHv9GSe8

(文:くる美)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.