カリスマホスト・ローランド「走馬灯の3分の2ぐらいが○○してる思い出だった」ダウンタウンDX出演が話題

更新日:

1月31日放送の日本テレビ系バラエティー番組『ダウンタウンDX』に現代ホスト界の帝王と称されるROLAND(ローランド)さんが初登場。その規格外のキャラクターにネット上が騒然となりました。

規格外のローランド伝説に一同驚愕


まるで王子様のようなルックスで、「ローランダー」と呼ばれるファンも多いローランドさんは、伝説のカリスマホスト。その様子を調べるために、接客中の様子に密着したVTRが放送されました。するとローランドさんは、客に対し「歌舞伎町と横浜の違い、何か分かる?……俺がいるか、いないか」「ここのVIPルーム、どこか知ってる?……俺の隣」などと名言を連発し、規格外の立ち振る舞いにも関わらず感激に満ち溢れている女性達。ローランドさんは、酒を口にしない代わりにブルーカラーのドリンクを飲んでおり、それを「不老不死のお茶」と呼んでいました。なんと、この日は3時間の勤務で100万円以上の給料を稼いだローランドさんでしたが、番組では昨年の誕生日に撮影された映像を公開。そこでは客がローランドさんのために1本4000万円もする最高級コニャック(ブランデーの一種)を現金で一括払い。たった1日で5500万円を売り上げたという驚異の記録を樹立したのです。

「3分の2ぐらいドライヤーしてる思い出だった」


MCの松本人志さんからは、「狩野英孝の匂いがする」と言われつつも、スタジオトークでは、美しいブロンドのロングヘアともあり、「インフルエンザで死にかけたとき、走馬灯見えるじゃないですか。3分の2ぐらいドライヤーしてる思い出だった」と笑いを誘い、お酒を飲まない理由については「庶民の汁すすって売上を上げるのは、あんまり性に合わない」と大胆発言するなど、強烈なキャラに一同があ然としていました。

異次元キャラに大反響


ローランドさんの異次元キャラにネット上では「規格外のキャラ」「接客されたい」「めっちゃ好き」「カッコイイ」「名言いただきました」と大きな反響が寄せられました。また、今年のお正月は家族水入らずでハワイを満喫していたそうです。その時、カフェで隣の人から「ローランドさんですよね?」と声をかけられたそうです。ところが、とっさに「違います」と答えると、その人はあなたに似ている人がいると30分くらいローランドさんについて熱弁していたというエピソードを披露してくれました。


歌舞伎町のホストの記録を次々に塗り替えホスト界に君臨するも、2018年末をもって現役ホストを引退。現在は、実業家、コラム執筆、タレント活動などマルチな才能を発揮するローランドさん。3月には、自身が経営するホストクラブの新規オープンを控えているそうです。若くして、カリスマ的存在なローランドさんのさらなる活躍に期待したいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.