深夜に複数の男性から追いかけられる演出が炎上「関ジャニ∞クロニクル」に賛否

更新日:

「関ジャニ∞クロニクル 真夜中のおひとり様 東京大捜索スペシャル」が2019年1月1日に放送されました。番組では、関ジャニ∞のメンバーが深夜に1人で歩く女性に突撃取材する内容がオンエアされたのですが、深夜に女性にインタビューする番組の企画に疑問の声が上がっています。

「関ジャニ∞クロニクル」SPが元旦にオンエア

2019年元日に放送された「関ジャニ∞クロニクル」SP。今回は、通常は丸山隆平さん1人で行う「おひとり様クイズ」を、関ジャニ∞のメンバー全員で行う企画。メンバーは、横山裕・安田章大ペア、丸山・大倉忠義ペア、村上信五・錦戸亮ペアの3グループに別れて深夜の東京の町を歩く女性に突撃インタビューを実施することになります。深夜を1人で歩いている女性達は、これから病気の彼氏のお見舞いに行く人。当時付き合っていた彼氏の影響でダーツにハマり、会社員をやりながらダーツのプロになった人、飲み過ぎで朝起きると知らない人の家で寝ていた人など、ディープな話題を持つ女性達が続々と登場して番組を盛り上げます。今回は他にも恋に悩む女性達に錦戸さんがアドバイスを送る「ラブサプライズマン」の企画も放送されました。

大きなロケ車が突然止まり、複数の男性が突然現れる演出に戦慄

番組の内容を肯定する意見もあるのですが、一方で、今回の深夜に女性にインタビューする企画には批判の声も上がっています。今回、批判されている点をいくつか紹介すると
・深夜の女性だけをターゲットにインタビューをするところ
・大きなロケ車が突然止まり、複数の男性が突然現れてインタビューする内容が恐怖感を煽る
・インタビューを断った女性を強引に走って追いかけてインタビューを続けようとする強引さ
・「綺麗な人や」と言って追いかけるなど、容姿の良し悪しでインタビューする女性を選ぶ発言
・年齢、彼氏がいるのか、結婚はしているのかなど、ぶしつけな質問を女性にしたこと
などがあげられます。バラエティ番組で深夜に女性をインタビューする場合は、複数人で行動している女性をターゲットにするなどの配慮があることがよく見られますが、今回は一人行動の女性をターゲットにしたことが違和感の始まりのようで、はっきりと顔出しもインタビューもNGと言ってるに、追いかけてインタビューを無理やりしようとした場面があり批判は避けられなかったのかもしれません。他にも、番組中にメンバーが笑って「さらわれるやつやん」とコメントした場面などにも、「全員に問題意識がないことが残念」という否定的な意見があがっていました。

炎上するほどの内容ではなかったという意見も

批判的な意見があがるなか、「さほど気にならんかった」、「特に何も感じてなかった」など、炎上するほどのものではないという意見もあります。テレビ放送として楽しむ人と登場する一般人を自身に置き換えて恐怖や不快感を感じる人とに分かれたようで、「一般の方に恐怖を与えるような企画はやらないで欲しい」という意見に集約されたようです。深夜に追いかけられる恐怖感と、番組を盛り上げるためとはいえ「さらわれるやつやん」という性犯罪を連想させるようなコメントが合わさり今回の炎上騒ぎになってしまったようですが、ジャニーズタレントが出演するバラエティ番組のなかでも攻めた企画に挑戦している点は評価する人も少なからずいたようです。不快を感じるかそうではないかは人それぞれですが、視聴者が楽しく見れる番組で新境地を目指して欲しいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.