米津玄師やサカナクション・山口一郎が絶賛するアーティストKing Gnu(キングヌー)とは?バズリズムが話題

更新日:

1月4日の「バズリズム02」で毎年恒例の企画「今年コレがバズるぞBEST10」がオンエア。見事1位に選ばれたのが、米津玄師さんやサカナクションのボーカル・山口一郎さんも絶賛するKing Gnu(キングヌー)が選ばれ話題を集めています。

King Gnu(キングヌー)が「これはバズるぞ!2019」1位に選出

過去には、WANIMA(2016年上半期)、My Hair is Bad(2016年下半期)、ヤバイTシャツ屋さん(2017)、CHAI(2018)が選ばれた「今年コレがバズるぞ!BEST10」。ブレイクするアーティストを先取りしている話題のこの企画は、音楽関係者244名と音楽好きファン300人にアンケート調査を実施。2019年にブレイクするアーティストの予想をランキング形式で紹介しています。様々なアーティストが選ばれる中、見事に1位を獲得したのはKing Gnu。「これはバズるぞ!2019」1位に選出されたKing Gnuのメンバーはスタジオにもゲスト出演。トークではメンバーの井口理さんが、「ベッドの上で優しい井上陽水さん」「揉まれて気持ちよくなる矢野顕子」などのモノマネを披露。パフォーマンスでは、司会のバカリズムさんとのセッションなどを披露して、番組を盛り上げました。

フジロック出演や「BANANA FISH」のエンディングが話題に

King Gnuは、東京藝術大学出身の常田大希(ギター、ボーカル)さんを中心に結成されたロック・バンド。常田さんの他のメンバーは、勢喜遊(ドラムス、サンプラー)さん、新井和輝(ベース)さん、井口理(ボーカル、ギター)さんの4名。幾度かのメンバーチェンジを経て、2017年4月に現在のバンド名になったKing Gnuは、フジロックに出演して注目を集めます。同じ年の10月には、King Gnu名義初となるアルバム「Tokyo Rendez-Vous」をリリースしています。King Gnuの代表的な楽曲としては、フジテレビのテレビアニメ「BANANA FISH」のエンディングテーマにも起用された「Prayer X」「Vinyl」「It's a small world」などの作品があります。

米津玄師やサカナクション・山口一郎も絶賛

メンバーの常田さんは、米津玄師さんのアルバムに楽曲プロデュース/アレンジで参加するなど、交流があり、米津さんも常田さんの才能を絶賛しています。ちなみに、ツイッターの投稿では、常田さんは米津さんらと一緒に写った写真を披露するなど、私生活ても交流がある模様。他にも、サカナクションのボーカル・山口一郎さんもラジオ番組の中で、「様々な楽器を使って独特な音楽性にしっかりとしたメッセージ性の強い歌詞が合わさっていて、最初聞いた時は何だこれ、かっこいい!」とコメント(https://www.tfm.co.jp/lock/sakana/index.php?itemid=12364&catid=17)。1流のミュージシャンもKing Gnuの音楽性の高さを認めています。

SNS上でも注目を集めるKing Gnu

番組を見た人からも、「バズリズムでオシャレな音楽知った。King Gnuというらしい」「バズリズムで1位になるバンドもう既に売れてる説」などのコメントがあがっていました。番組を通して、King Gnuを知った人もいれば、もう売れていると考える人もいるようです。ちなみに、King Gnuは2019年1月16日ソメジャーデビューアルバム「Sympa」をリリース予定で、その後は全国ツアーの開催も決まっています。独創的なサウンドとエッジの効いた歌詞に加えて、矢野顕子さんのモノマネなどユーモアセンスもある彼らの2019年度の飛躍に期待が集まりますね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.