トライセラ和田が絶賛…進化した弾き語り「一人多重奏」が凄い!!『関ジャム』特集が話題

更新日:

10月6日の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)では、ゲストに寺岡呼人さん、TRICERATOPSの和田唱さん、日食なつこさんを招き「弾き語り」を特集。歌詞がよりダイレクトに心に響くという「弾き語り」の魅力を力説する寺岡さんの言葉が話題を集めました。

寺岡呼人が「弾き語り」の魅力を力説

この日は、ギターやピアノなど、楽器ひとつと歌だけで聴衆を魅了する「弾き語り」を特集。番組では、Mr.Childrenの桜井和寿さん、B’zの稲葉浩志さん、星野源さん、宇多田ヒカルさん、三浦大知さんといった有名アーティストが行う「弾き語り」の様子をVTRで紹介。

寺岡呼人さんは「弾き語り」の魅力を、「原曲では聴こえてこなかった言葉が聴こえてくる」と、より歌詞に込められたメッセージが伝わってくると解説。

寺岡さん、和田唱さんは「弾き語り」の名プレイとして、小田和正さんが歌う「言葉にできない」を紹介。小田さんが「弾き語り」で歌う「言葉にできない」について、寺岡さんは「その場の歌に合わせた演奏のテンポの揺らぎについて、素晴らしいアレンジ」と絶賛。また、和田さんは「年齢を重ねても淡々と歌うからより歌詞が響く」と、小田さんの歌声にも言及。

小田さんの演奏VTRを見たアンタッチャブルの山崎弘也さんは「もう1回(同じように)やれないものなの?」と疑問を投げかけます。すると、日食なつこさんは「生音って本当に機械とかでも絶対に再現できない、本当にあの瞬間のあの動作だったんだろうな」と、アーティスト視点で一期一会の生歌による「弾き語り」の魅力を語ります。

また、日食さんはピアノの「弾き語り」で「水流のロック」を実演。ピアノ1つで、ギター、ベース、効果音など様々な音を表現するテクニックでスタジオの共演者を魅了します。

和田唱が語る進化した「弾き語り」とは?

和田さんが進化した弾き語りとして紹介したのが一人多重演奏。なかでも注目のアーティストとして、沖縄出身のシンガーソングライター・Anlyさんの一人多重演奏を絶賛。ライブ中にギター演奏している音を、その場でループマシンで録音して再生、その再生中さらに別の音を演奏、ループマシンで録音、再生…と繰り返していくことで音を重ねていきます。

和田さん自身も一人多重演奏を実演。マイケル・ジャクソンの「Bad」を一人多重演奏でプレイします。これにはスタジオもからも「めちゃめちゃ恰好良かった!」と絶賛の声が。和田さんは「音の抜き差しで、1人でもアレンジ可能」とその魅力を解説します。

最新の「弾き語り」も紹介したところで、寺岡さんは「でも、やっぱり自分の気持ちをどう伝えるのかっていうのは、揺るがない『弾き語り』の魅力」とまとめます。

「弾き語り」特集に反響

放送を見た人からは、「小田さんのピアノ弾き語り『言葉にできない』聴き入ってしまった。歳を重ねても濁らない声。泣ける」「関ジャム弾き語り回くそ面白かった…原曲よりもさらに歌詞が伝わるってマジだよね…」「関ジャムの弾き語り特集見てるけど、弾き語りは歌のうまさもさることながらアレンジきかせててめちゃくちゃいいね、こんなの生で聴けるなんて…」などのコメントが。

「弾き語り」の魅力は、最後の寺岡さんの言葉が端的に表していると思いました。また、安田章大さんと和田さんがセッションで「FEVER」を演奏するところは最高でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.