スピッツ『ロビンソン』は"後追い自殺"の歌?ゲス極・川谷が独自視点で解説! #関ジャム スピッツ特集が話題

更新日:

10月13日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」は、川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ichikoro、ジェニーハイ)さんと音楽プロデューサー・杉山勝彦さんをゲストに招きスピッツを特集。川谷さんと杉山さんがプロ目線からスピッツの歌詞の深掘りが話題を集めました。

スピッツ「スパイダー」歌詞の怖い比喩表現とは?

杉山勝彦さんが注目したのはスピッツの「スパイダー」。冒頭3行の歌詞には「可愛い君が好きなもの」としていくつかのキーワードがあがります。

歌詞の主人公が好意を寄せるピュアな君=「洗いたてのブラウスが」が「今 筋書き通りに汚されて行く」と歌詞は続いていくのですが、ここで注目すべきは「可愛い君が好きなもの」として、あげられている「ちょっと老いぼれてるピアノ」。

杉山さんは「ちょっと老いぼれてるピアノ」がお金持ちの意味で、お金を持っているおじさんを意味しているのではないかと推察します。

「1回襲っちゃてるのでは?」川谷絵音も見解

この歌詞には「ピュアな君がお金を持っているおじさんに汚される」という意味深な内容になっている独自の視点で解説。

その後の歌詞に「遠くまで」「奪って逃げる」という表現がありますが、大好きなピュアな君を守りたい主人公の切実な心境が反映されているのではないかとコメントしました。

一方で、川谷絵音さんは「洗いたてのブラウス」が「筋書き通りに汚されて行く」という歌詞について、「性的な意味では1回襲っちゃてるのでは?」と、スパイダーと比喩的に表現されている歌詞の主人公が君を襲っているのではと歌詞について別の見解を述べました。

『ロビンソン』は"後追い自殺"の歌?川谷絵音が独自視点で解説

続いて、川谷さんはスピッツの歌詞の中では、「丸いもの」=死、「とがったもの」=性を表している傾向があると指摘。

また、スピッツの楽曲の作詞・作曲を担当している草野マサムネさんの「自分の歌詞は性と死」という言葉を引用した上で、そうしたテーマを爽やかなメロディにのせて歌い上げるところが「怖い」と、草野さんの深遠な歌詞世界を見ると恐怖すら感じるのだとか。

また、川谷さんはスピッツの「ロビンソン」のサビ前の歌詞を引用し、これは亡くなった彼女を思い浮かべて後追い自殺をしたのではと解説。

続けて、川谷さんは、だから、この歌詞の後に天国を象徴する「二人だけの国」や「空に浮かべたら」というフレーズが出てくると指摘します。

綺麗な歌詞として読むこともできれば、暗い歌詞としても読める、「どっちとも読める歌詞が書ける…草野さんって人間なのかな」と、川谷さんは見方によって曲の世界観が変わる草野さんの歌詞を絶賛しました。

スピッツ特集に反響

ネットでは放送を見た人から、「スピッツのロビンソンほどタイトルの意味も歌詞の意味もハッキリと理解できる人が居ないのに誰もが認める名曲と評価され24年間も聴かれている曲はないと思う。」「ジャムのスピッツ特集面白いなぁ。歌詞に闇が見えたり、別の一面が見えるの面白いよね。答えが出てるのも好きだけど、恋愛ソングは、十人十色だから色々解釈ある方が好きだったりする」。「すっかりスピッツ のファンになってしまった。天才草野さんの、本当は怖い歌詞にドはまり」などのコメントが上がっています。

スピッツの歌詞については様々な見解があるかと思いますが、今回の放送を見ただけでもスピッツのファンが草野さんの歌詞にあれだけハマる理由の一端が垣間見えて興味深かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.