布袋寅泰の超絶技巧の秘密に驚愕!名言連発に"鳥肌もの"と話題「関ジャム」

更新日:

6月9日放送のテレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」に布袋寅泰さん、MIYAVIさん、黒田晃年さんがゲスト出演。世界的ギタリスト・布袋さんの超絶技巧にまつわる名言が話題になりました。

プロが語る布袋寅泰のスゴ技とは?

「絶対、他のギタリストでは真似できない布袋のスゴ技」をテーマにした、9日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」。ゲストとして、いずれも日本を代表するギタリストの布袋寅泰さん、MIYAVIさん、黒田晃年さんが登場しました。

早速、MIYAVIさんと黒田さんが布袋さんの名パフォーマンスとして絶賛するのが、BOØWY時代から歌う「BAD FEELING」のパフォーマンス。MIYAVIさんは、この曲について「秀逸なリフ、他の人とは気合い、圧が違う」と絶賛。

また、黒田さんは「実はこのリフ、歌いながら演奏するのは相当難易度が高い。」と、歌い出しのところ、歌の区切りとリフの区切りがずれているところが特に難しいコメントします。

BOØWY時代はボーカルではなくギターだった布袋さん。ギタリストとしての技術を見事に発揮しつつ、本来は担当ではなかったボーカルでも力量を発揮しているのがこの曲の布袋さんのスゴさなのだとか。

リフとはリフレインの略で、曲のイントロなどで何度も繰り返されるフレーズのことで、リフと歌のコードはバラバラ。この曲では、ギタリストとしてリフをやりながら同時にボーカルとして歌を歌うという、1人2役でやっています。

「練習するとできない」高度テクニックに隠された意外な秘訣

コードがバラバラなリフ演奏と歌を同時に行うこともあって、布袋さんはさぞかし頭をフル回転しながらパフォーマンスを行っているかと思いきや、演奏の秘訣について布袋さんから意外な答えが。布袋さんによると、ギターと歌を同時に行うことは「かなりアクロバティック」であるものの、「練習するとできない」とのこと。

考えすぎると、ギターの音符と歌の音符が頭の中でごっちゃになってしまい、同時並行で2つの作業ができないとのこと。「体でギターを鳴らす。ギターで歌う」という表現で、ギターと一体となることで2つの作業が同時にできるようになるとコメントしました。

コードの違うギターと歌を同時並行で行うのは、布袋さんにしかわからない独特な感覚があるようです。感覚的なものは本人しかわからない部分はありますが、ギターと歌を1人で行いつつ、タイミングの違う2つメロディを同時に出せてしまう布袋さんのスゴさの一端に触れることができました。

布袋寅泰の演奏をスーパースローで撮影

続いて、黒田さんが絶賛するのが布袋さんの「音が消えているカッティング」。カッティングとは、弾いてすぐミュートし伸ばさないようにする演奏技法のことで、実際に、どう違うのか布袋さんと黒田さんが「BAD FEELING」のリフを演奏、違いを比較します。

そこで、スーパースローカメラを使って2人の演奏をプレイバック。スーパースローで見ると、布袋さんは手首が柔らかくソフトに弦にヒットしていること、細かく弦の震えを止めてミュートしていることがわかります。

身体の柔軟さを活かした手首のしなやかな使い方、利き腕とは逆の左手で余計な雑音を出さないように気を使っているのが、布袋さんのギター演奏の極意。スーパースローで見ると、その部分が良くわかるようになりました。ちなみに、演奏について布袋さんは「音を切るためにだす」と表現。ワードセンスも秀逸ですね。

布袋寅泰のスゴさに絶賛の声

ネットでは、放送を見た人からは、「関ジャムで、布袋さんがギターのカッティングを『出してから切るのではなく、音を切る為に出す。』と言っていて、その感覚は歌も切りやすいと思った」「布袋さんてギターも上手くて歌も上手い超すごい人なんだと知った」「今日の関ジャニまじやばかったほんと鳥肌もんだった布袋さんのもMIYAVIさんのも黒田さんのもそれぞれのギターの音にほんと惹かれる」などの声があがっていました。

今回の放送では、スーパースローでギター演奏中の手の動きを見るなど面白い試みが行われました。特に、「BAD FEELING」のリフを黒田さん、布袋さん、MIYAVIさんと順に弾いていって、最後は3人で演奏するシーンは圧巻。ギターが好きな人にはたまらない放送回となったのではないでしょうか。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.