「絶対佐藤健を倒す!」神木隆之介があの時心の中で強く思っていたこと…「それだけが目標でしたね」

更新日:

9月17日、神木隆之介さんのYouTubeチャンネル「リュウチューブ」では、神木さんがこれまでに演じた役柄の中で好きだった役について語り、話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■「絶対佐藤健を倒す!」神木隆之介があの時心の中で強く思っていたこと…「それだけが目標でしたね」

今回の「リュウチューブ」では、神木さんがネット上で自身のことがどのように書かれているのかとエゴサーチを行いました。

神木さんが演じた役柄の中で好きな役の順位をネット上で調べると、1位は「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」(TBS系)の一十一役、2位は「学校のカイダン」(日本テレビ系)の雫井彗役、3位は映画「るろうに剣心」の瀬田宗次郎役という結果が明らかとなります。

そこで、今度は神木さんが自分が演じた役柄の中から好きな役を順位付けすることに。

1位に「るろうに剣心」の瀬田宗次郎役を選んだ神木さんは「やっぱり大好きな役なので、殺陣もすごく大好きですし」とコメント。

続けて「絶対に健くんのこと倒そうと思ってやってたので、それだけが目標でしたね」と、共演した佐藤健さんとの殺陣対決について本気で挑んでいたと言います。

そして、神木さんは心の中で「絶対佐藤健を倒す!」という強い意志を持って殺陣の練習を行っていたと告白。

最後に「佐藤健を少しでもビビらすことができたら勝ちだと思ってたから」と、役柄に秘めた思いを語りました。

■「僕は新海誠オタクなので」神木、『君の名は。』フィギュアを購入!

自分が演じた好きな役柄として2位に「君の名は。」の立花瀧役を上げた神木さんは「僕は新海誠オタクなので、そこがすごく幸せでした」と、声優として出演できた喜びをコメント。

また、神木さんは、自分が声を担当した立花瀧とヒロインの宮水三葉のフィギュアが販売されているのを目撃したそう。それを見て「役のフィギュアが出ることはまずないので、買いましたよ。飾ってありますちゃんと、すごい嬉しいです」と、自身が演じた役がフィギュア化された喜びを語りました。

■神木隆之介「すごく大事なので」コメディの基礎となった作品とは?

3位に映画「3月のライオン」の桐山零役と「11人もいる!」(テレビ朝日系)の真田一男役を選んだ神木さん。

「3月のライオン」に関しては、初めての2部作の主演を務めた事と、好きな将棋の世界に触れることができたことから、作品に対して強い思い入れがあるそう。

また、監督の大友啓史さんが、神木さんが役を演じやすいように自由な環境を与えていたことも、楽しい思い出となっているのだとか。

同じ3位として上げた「11人もいる!」は、初めてのコメディ作品への出演であったことから、演じる中でコメディに必要なリアクションや面白くなるためのテンポやリズム感を学んだとのこと。

神木さんが「僕の基礎となっている作品なので、すごく大事なので」と、コメディな役を演じる基盤となった作品であると明かしました。

ネット上では「神木さんの役柄マジ好き」「宗次郎は、神木くん以外考えられない!!!」「宗次郎は本当はまりすぎてやばかった…」などの声が上がっています。

今回、これまでに演じた役柄について語ってくれた神木さん。佐藤健さんとの共演エピソードは、神木さんの演技に対する熱い思いを知ることができたのではないでしょうか。

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.