「もうおたけ切りましょう」ジャンポケ、マネージャーからクビ宣告!?何度も吉本で話し合いが行われ…

投稿日:2021/07/16 15:01 更新日:

7月15日、お笑いトリオ・ジャングルポケットのYouTubeチャンネル「ジャンポケTV」では、これまでの歴史を振り返る動画を公開。トリオが解散の危機にあったことを告白し話題を集めています。

ジャングルポケットおたけ

(画像:時事通信フォト)

■「もうおたけ切りましょう」ジャンポケ、マネージャーからクビ宣告!?

ジャングルポケットのこれまでの歴史について、2006年の吉本NSC入学から振り返っていきます。

テレビ出演などの懐かしい話で盛り上がる3人。2015年にはコントの大会「キングオブコント」で初めて決勝に進出します。

すると、斉藤慎二さんが「1回マネージャーにね、解散したほうがいいって言われた時もあったもんね」と告白。キングオブコント決勝進出を果たす少し前に、ジャンポケは解散の危機にあったそうです。

リーダーの太田博久さんも、当時の女性マネージャーに呼び出された時のエピソードを話し始めます。突然会議室に呼び出され「真剣な話、今日させてください」と切り出されたジャンポケ。

マネージャーは「ジャングルポケットのこと、ほんと真剣に考えました」「もうおたけ切りましょう」と、なんとおたけさんをクビにしようとしたのだそう。

太田さんいわく、おたけさんは当時「遅刻がすごかった」そうで「活躍もしてないのに遅刻しやがって」ということでよくイジられていたのだとか。

しかし、太田さんは「よく考えれば、上手くいかないから酒に逃げてた部分も多分あったよね、おたけ的には」と、リーダーらしくおたけさんをフォローします。

おたけさんは「まあまあ、そうだし」と肯定しつつ「あとは、ちょっといい生活になってきてるじゃないですかここで。余裕も出来てやっぱお酒もなんか飲みに行っちゃうんですよ」と、売れ始めたがゆえに飲みに行って遅刻してしまったと正直に打ち明けました。

■何度も吉本で話し合いが行われ…

おたけさんをクビにする案については、吉本内でも色々と話し合いが行われたそうです。

そして「会社からの意向としては、研究生という形で残す」という結果に。「どういう話し合いそれ?」と苦笑いするおたけさん。

すると斉藤さんが「今まだそこから昇格したという報告は受けてないので」「研究生なんですよ」と、実は現在もまだおたけさんが研究生だと言います。

おたけさんが「アイドルみたいな。AKBみたいな」とツッコむと、斉藤さんは「でも研究生が活躍してそのまま、いわゆるメンバーに入るっていうこともあり得るから」と真顔でコメント。

太田さんによると「そん時におたけは、お酒をやめるんすよ」と、遅刻が原因でクビになりかけた時はさすがに酒をやめたのだそう。

しかし、今は無事にお酒も再開しているそうです。

■ジャンポケ年表企画に視聴者「この企画最高」

ジャンポケの歴史をまとめると、なんと過去4回もおたけさんをクビにしようとした事実が発覚。

しかし、2015年からは3年連続でキングオブコントの決勝し、その後も冠番組がいくつも決まるなど順調に活躍を続けているジャングルポケット。

ネット上では「なぜか仕事を呼び寄せてクビをことごとく回避してきた強運おたけ」「ジャンポケはネタも演技もクオリティ高いからずっと面白い」「ジャングルポケット大好きなので、この企画最高です」との声が上がっています。

クビや解散の危機を乗り越えてきたジャングルポケットが、今後どのような面白さを見せてくれるのか、期待する視聴者も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
ジャンポケTV
https://www.youtube.com/watch?v=M0k0WPaTMXA
(文:二木もなか)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.