ジャルジャル後藤、市長の父を「珍しいパターン」中川家剛から明かされたキャッチフレーズに「何を調べてるんですか」

更新日:

漫才コンビ・中川家が毎週火曜日にパーソナリティを務めるラジオ番組「DAYS」(ニッポン放送)。6月23日の放送では、ジャルジャルがゲストで登場。そこで後藤淳平さんの父親にキャッチフレーズがあることが判明し、話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■後藤「福徳を泣かした礼二さんや!」

今回、番組にジャルジャルがゲストで登場すると、剛さんが「君が点数厳しい…」と、過去に礼二さんがM-1グランプリの審査で、ジャルジャルを厳しく評価した時のことを持ち出します。

すると後藤さんが、「福徳を泣かした礼二さんや!」と剛さんにかぶせて、笑いを誘いまし
た。

福徳秀介さんは、「ほんとにあれがあったおかげで、成長できました」と、礼二さんに感謝を述べますが、剛さんは「それについてどう思う?」と礼二さんを追い込みます。

追い込まれた礼二さんは大笑いし、「いや~もう厳しい質問やで」と、その場をかわしていました。

■後藤、市長の父を「珍しいパターン」剛から明かされたキャッチフレーズに「何を調べてるんですか」

ジャルジャルについて調べてきたという剛さんが「キャッチフレーズあるね?」と質問。

しかし、ジャルジャルの2人はキャッチフレーズについて全く身に覚えのない様子。

剛さんが「『法にかない、理にかない、情にかなう』。この真面目なキャッチフレーズ、あっごめんなさい。これ後藤圭二さんやったな」と、大阪府吹田市の市長である後藤さんの父親の信条であったと訂正。

剛さんの父親いじりに、後藤さんが「僕の父親にキャッチフレーズがあることも初めて知りましたし、何を調べてるんですか!」とツッコみました。

礼二さんが「お父さん(市長を)何年ぐらいやってるの?」と質問すると、後藤さんが「2期目入ってるんで5~6年目ぐらいちゃいます」と回答。

市役所の職員から市長になったという父親のことを、後藤さんが「珍しいパターンなんですよ。息子の知名度を後から追い抜いていくという」とコメントし、その場は爆笑となりました。

■ジャルジャルの旅館コントが羨ましくて仕方がない剛

6月28日に、旅館を舞台にしたコントを生配信する企画があるというジャルジャル。

その内容は、80分間カメラ一台で、旅館内の各部屋でコントをしていく様子を回っていくというもの。

それを聞いた剛さんが「それ次やらして~。もう玄関からできるわ、ええな~」と興味を示します。

また、老舗旅館を貸切るという斬新なアイディアに、剛さんはしきりに「うわ~いいな~」と連呼し、羨ましくて仕方がない様子。

コントをする場所にこちらから出向いていくという発想に、剛さんが「場所変えればええんや~」と、ジャルジャルの企画からヒントを得たように関心していました。

剛さんが「俺らがもし、ホテルでやるって言っても『うわっ』って言わへん?」と尋ねると、ジャルジャルの2人は笑って「いいませんよ」と返答。

さらに、剛さんが「『兄さんかぶってますやん、ちょっと待ってくださいよ~』とか言わへん?」と念押しで質問。

すると、福徳さんが「でも一応、配信だけ見て採点はさせて頂きます」とコメント。

「採点する」という福徳さんの言葉に、剛さんが「ほら~見てみろや、こういうところに出てくるねん。君のあれが!」と、M-1でジャルジャルを低く採点した礼二さんの事を蒸し返し、笑いを誘いました。

ネット上では、「父親にキャッチフレーズがある後藤さんww」「お父さんのキャッチフレーズ(笑)」「福徳を泣かした礼二さんww」「後藤父市長なのかw」などの声が上がっていました。

後藤さん父親についてあらかじめリサーチしていた、剛さんの入念な仕込みが面白かったのではないでしょうか。

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.