IZ*ONE・宮脇咲良が『15歳でこの完成度』と絶賛したメンバーとは… 実は相思相愛だった?

更新日:

10月2日放送の「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)に、日韓合同のグローバルグループ・IZ*ONE(アイズワン)が登場。「生まれ変わったらどのメンバーになりたい?」という質問に対する、宮脇咲良さんたちの回答などが話題となりました。

(画像:AFP=時事)

IZ*ONEが「沼にハマってきいてみた」に登場

IZ*ONEは、韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」の視聴者投票で選ばれた韓国人9名、日本人3名の合計12名から結成された日韓合同グローバルグループです。

番組では、宮脇咲良さんがオーディション中は練習場と宿舎を行ったり来たりする日々で「携帯も没収される」と明かすとMCの高橋茂雄(サバンナ)さんも、過酷なオーディションに驚きの声を上げます。

また、アン・ユジンさんは96人が参加したオーディションを振り返り「辛いこともあったけど、96人が友達、練習が終わったら友達とラーメン食べたり」と厳しいオーディションの中にも友情が生まれたとコメント。

ちなみに、ユジンさんがハマっている日本語は「ICカードを差し込んでください」とのこと。コンビニなどで覚えたそうですが、高橋さんが「なんで!?」とツッコミをして、爆笑が巻き起こりました。

IZ*ONEを完コピする女子大生にクォン・ウンビがアドバイス

続いて、「デビューが決まった時はどう思った?」という質問に、チャン・ウォニョンさんは「代表(MC)さんが私の名前を言った時、世界がストップした感じでした」と、デビュー決定時の感動を語ります。

この日、メンバーが人気曲「La Vie en Rose」をスタジオで生披露するシーンもあり、IZ*ONEの動きが見事にシンクロしたフォーメーションダンスに高橋さんも「凄い!」と拍手をして歓声をあげます。

完成度の高いダンスパフォーマンスの秘訣について聞かれると、本田仁美さんは「私たちは本当に練習時間を大事にしていて、音をかけてなくても踊れるくらいなるまで練習している」とコメント。

また、番組では、IZ*ONEのダンスを完コピしている学習院女子大学のダンスサークルHANAが紹介されました。その中でHANAのメンバーから「Violeta」の「サビ前の振りのところでもっとダイナミックさを出したいんですけどどうした良いですか」という質問が。

クォン・ウンビさんが「手の動きがポイント」とアドバイスをして、中指から動かすダイナミックな指の動きを実演を交えて解説しました。

宮脇咲良が『15歳でこの完成度』と絶賛したメンバーとは…

さらに、番組では「生まれ変わったらどのメンバーになりたい?」という質問を実施。これに、宮脇さんはウォニョンさんに生まれ変わりたいと答えます。

憧れる理由について、宮脇さんは「15歳でこの完成度ってなかなかないじゃないですか。脚も本当に長くて、毎日会っているんですけど毎日(脚の長さに)驚く。ウォニョンになったらどんなに幸せだろって思います」とコメント。

一方、ウォニョンさんも「顔もセンスもプロ意識もヤバイと思います」と、憧れのメンバーとして宮脇さんの名前を上げ、相思相愛な2人がよく分かる時間となりました。

こうした2人のやりとりに、ネットには「さらにぬまにハメてくださってありがとうございますウォニョンとさくちゃんが相思相愛で幸せでした」「さくちゃん・ウォニョンの褒めあい、再び」「ウォニョンがさくちゃん選んで、さくちゃんがウォニョン選ぶのなんかいいな」などのコメントが上がっています。

今回は、メンバー同士の絆を感じさせるトークから、生パフォーマンス、ダンスの時の指の動きの実演まで、IZ*ONEのファンも納得の素晴らしい内容だったのではないでしょうか。

番組では見逃し動画を公開しているので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。
https://www.nhk.or.jp/hamatta/list/?q=%EF%BC%A9%EF%BC%BA%EF%BC%8A%EF%BC%AF%EF%BC%AE%EF%BC%A5%E6%B2%BC

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.