古田新太VS田中圭の修羅場に"しびれる"の声! #Iターン が話題

更新日:

福澤徹三さんの同名小説をムロツヨシさん主演でドラマ化した「Iターン」(テレビ東京系)の第9話が9月6日に放送されました。敵対するヤクザの組長を演じる古田新太さんと田中圭さんとの緊迫感溢れるシーンが話題を集めました。

「Iターン」第9話のあらすじ

「岩切組」の組長・岩切猛(古田新太)の強引なやり方もあり、喉から手が出るほど欲しかった青葉銀行の広告を全て受注することになった狛江光雄(ムロツヨシ)。

仕事のノルマを達成したものの、本社の都合もありボーナスは出ず落ち込む狛江と彼の部下たち。そうした中、ヤクザと会社員の二重生活に加えてスパイ活動にも疲れ果てた狛江は、楽になるために岩切と敵対する「竜崎組」組長・竜崎剣司(田中圭)に、「岩切組」の重要な情報を伝えます。

これをチャンスと見た、竜崎は岩切を追い詰めるため、「スナック来夢来都」のママ・麗香(黒木瞳)を脅し協力を持ちかけます。

狛江、そして、麗香の裏切りもあり、「岩切組」の組員・桜井勇一(毎熊克哉)は拉致され、岩切にもピンチが訪れることになりますが…。

鈴木愛理「私、任侠女子でございますので」『仁義なき戦い』ネタ炸裂

竜崎の誘いに乗り、恩のある岩切を裏切ってスパイになった狛江。そうした事情もあり、阿修羅市に左遷されてから見るようになった悪夢もより生々しさを増すことに。

疲れ果てた狛江が会社で居眠りをしていると、岩切に裏切りがバレて拳銃で撃たれる悪夢を見ます。そして「僕は裏切ってない、撃たないで」と、絶叫しながら目覚めることに。昨日の夜はヤクザ映画を見ていたとごまかす狛江の姿を見て部下の吉村美月(鈴木愛理)が反応。

「私、任侠女子でございますので。一番好きな映画は『「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」』」とヤクザ映画の魅力を力説する美月。そんな美月は実演を交えながら「わしを生かしといたら、おどれ等、あとで一匹ずつブチ殺しちゃるんど!」「最後じゃけん、云うとったるがよ、狙われるもんより、狙うもんの方が強いんじゃ」と、「仁義なき戦い(深作銀次監督作)」の名台詞を再現。

ちなみに、このシーンのBGMは「仁義なき戦い」のもので、岩切が大切に買うチワワの昌三さんの名前は、「仁義なき戦い」の主人公・広能昌三(菅原文太)に由来するもの。

古田新太VS田中圭の修羅場「けつ拭いてもらうぞ」

裏切りにあい部下の桜井が拉致されたことを知った岩切は直ちに店に駆けつけると、そこにいたのは宿敵の竜崎の姿。岩切と対峙することになった竜崎は、争いの中で自分の組員が銃で撃たれて負傷したことを理由に「けつを拭いてもらうぞ」と、岩切に睨みをきかせます。

当然、そんな竜崎の言いがかりに岩切はのりませんが、桜井を帰還させる交換条件として、岩切に中国人との取引を「警察にゲロ(自白)してこい。それができないなら桜井は消す」と伝える竜崎。部下を死なせるわけにはいかない、岩切は断腸の思いで自首することを決意。

放送回が進むほど岩切の人情味のある人柄が際立つのとは反対に、非情な手段を平気で使う竜崎の外道っぷりが目立ちます。2人の対立する組長のキャラクターの違いが鮮やかなコントラストを描くことになります。

岩切組長と竜崎社長の対峙に「しびれる」の声

このシーンについて、ネット上では「岩切組長と竜崎社長の対峙シーンはしびれる」「回を増すごとに男前度が増す岩切組長」などの声が上がりました。

また一方で、「竜崎さんが外道過ぎてときめいた!」「竜崎の外道さん最低だったな。でもちょーセクシー」と、田中さん演じる竜崎の外道っぷりに惹きつけられる声も上がっていました。

波乱の展開になりましたが、人情味のある岩切組長がこのピンチをどうやって逆転するのか。次回以降の放送が楽しみですね。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/episode/62481185

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.