みちょぱ「クロちゃんと一緒でサンドバッグみたいなもの」まさかの同じ位置付けにされた人物…

更新日:

「みちょぱ」こと池田美優さんがパーソナリティをつとめる毎週日曜23時から放送のラジオ番組『#みちょパラ』(ニッポン放送ほか)。7月5日の放送では、最近のオススメ映画についてや、クロちゃんと同じ位置付けにされてしまった人物が話題に出る場面ありました。

(画像:時事通信フォト)

■みちょぱがスマホに一切触れることなく集中して観てしまった映画は……??

以前の放送で映画『ワイルドスピード』をオススメしていた池田さんですが「またオススメの映画を見つけたんですよ」と切り出し、最近見つけた面白い映画を紹介します。

まずは『パラサイト 半地下の家族』。この映画は、映画館で観たいと思ってはいたものの結局見逃してしまったことから、最近レンタルして観たのだそう。感想は「まぁ面白いよね、なんか」と一言。

池田さんは、自宅で映画を観る時、集中できない作品だと、ちょくちょくスマートフォンを見てしまうそうですが、この作品を観た時は一切スマートフォンに触ることは無かったと明かし「やっぱ話題になるだけ、面白いよね」と言うと「なんかその感覚…この話を作ろうと思うっていうのがスゲェなって」と率直な感想を語りました。

■みちょぱが号泣した映画は……?

次にオススメしたのは『7番房の奇跡』。『パラサイト 半地下の家族』を観たことを伝えた友人から、韓国映画繋がりで勧められたそう。

「感動系」という前情報はあったものの、韓国ドラマ『愛の不時着』(Netflix)で一切泣かなかったことから、今回も泣くことはないだろうと踏んでいた池田さんですが「もう号泣…嗚咽まではいかないけど、ティッシュ必要になった」とまさかの号泣してしまったことを明かします。

そして改めて、魅力をざっと語ると「泣いてください、みんな…きっと心が汚れてるだろうから。浄化してください、涙で」と、リスナーにこの作品をオススメしました。

■みちょぱ「クロちゃんと一緒でサンドバッグみたいなもの」まさかの同じ位置付けにされた人物…

この番組のコーナー『佐久間宣行の悩み』では、リスナーが勝手に考えた、テレビ東京プロデューサーである佐久間宣行さんの悩みを募集していますが、佐久間さんではなく他の芸能人の悩みでも良いとしています。

そんな中、ここ最近はコーナー名でもある「佐久間さんの悩み」が来なくなってしまったということで、コーナー終わりに「佐久間さんイジリしたいんだけど、もっと」と言出す池田さん。

そして「佐久間さんはやっぱクロちゃんと一緒で"サンドバッグ"みたいなものだから、何言ってもOKみたいな人だと思ってんのよ、私が勝手にね」と、自身としては佐久間さんをいくらでもイジることが出来るのに、メッセージが来ないことで出来ないと嘆きます。

最後は「だから佐久間さんのことをボロクソ言えるようなメールをお待ちしてるんですけど…」とコメント。色んな佐久間さんの悩みをリスナーに考えて欲しいと呼び掛けました。

番組を聴いたリスナーは「有名映画ばっかりオススメしてるの草」「みちょぱ、パラサイト見たのか!ほんとに面白かった」「みちょぱの感想っていつもストレートで微笑ましい」などとネット上で反応。池田さんの映画の感想に対して、ツッコミや共感などの声があがっていました。

また、佐久間さんの悩みが来ないことを嘆く場面で、佐久間さんを"サンドバック"と言い表したこと、さらに佐久間さんとクロちゃんを同じ位置づけにしたことに笑ったという人も多かったようでした。

メール募集の呼びかけで、既に佐久間さんをイジリまくっているのは、さすがでしたね。

【番組情報】
#みちょパラ
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20200705230000
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.