Hey!Say!JUMP・山田涼介が来日のきっかけ?中国人モデル・LEE YOKOの感性に反響

更新日:

1月8日放送の「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)に、中国人モデルのLEE YOKOさんが出演。LEEさんの来日の理由が話題を集めました。

■中国人モデルのLEEが登場

この投稿をInstagramで見る

記念写真 #タルコフスキー

Lee Yoko🦋(@__aoyang)がシェアした投稿 -

深夜の中目黒でスタッフが「家、ついて行ってイイですか?」と聞いてOKしてくれたのが、中国出身のモデル・LEEさん。

来日5年目というLEEさんは、中国の大学卒業後に東京芸大の大学院に進学。

これまで、モデルとして資生堂のCMに出演。また女優としても映画「21世紀の女の子」に出演し、東京国際映画祭のレッドカーペットを歩いたとのこと。

自宅に到着すると、LEEさんは日本の学生運動が盛んだった1960~70年代の文化が好きで、とりわけ三島由紀夫の小説に影響を受けたことを明かします。

三島由紀夫の小説を中国語訳で読んだというLEEさんは、その時、「若者たちが熱を持って何かをしようとする。それを失敗する残酷さと愛しさがすっごいジーンときた」とコメント。

続けてLEEさんは、「昔、学生運動の事実を初めて知った時、怒りか分からないけどすごい震えて泣いた」と、学生運動が盛んだった時代に惹かれる理由を説明。

そのこと踏まえてLEEさんは、「今の私たちは何と戦っているのかが分からなくて、そいうい自分がすごいムカツク。どういう形でそれを表現するのか? 何かしら形にしたいと思っている」と表現者としての葛藤を語りました。

スタッフがモデルになったきっかけについて訊くと、LEEさんは「あまり人と喋れない性格だったんですけれども、不思議とモデルをやる時は自然でいられる。可愛い服を着ると自分が自然で楽しく美しくなれる、そういう表現する自分が好きだった」と回答。

また、LEEさんは「ダメな部分を受け入れてくれるのが日本の優しさ」と、日本の寛容的な空気にも居心地の良さを感じるとのことでした。

■Hey!Say!JUMP・山田が来日のきっかけ?LEEの感性に反響

ここまでも来日した理由を語ったLEEさんですが、実は「ジャニーズのアイドルが好きだった」ことも日本に来た理由のひとつだったと明かします。

スタッフが具体的に誰かと訊くと、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんの名前を挙げ、「ちょっとセクシーだけど、色っぽいところがすごい好き」とのことでした。

今回の「家、ついて行ってイイですか?」に登場したLEEさんには、ネット上で、「めちゃくちゃかわいかったです、ああいう女の子が好きすぎてテンション上がった」「美しくて、何より繊細な感性が素晴らしい」「ドストライクだった…学生運動や三島由紀夫が活躍した60、70年代に強く惹かれインスピレーションを受けているのも素敵だし、日本の文化に触れ合う最初のきっかけが山田涼介だったてのもまた可愛いな…」などのコメントが上がっています。

学生運動が盛んな1960~70年代の文化が好きで、表現者として何かを残したいというLEEさんの芯の強さが印象的だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.