星野源、イベント中止で「辛いというよりかは…」星野の本音と新CM起用曲の歌詞にファン"涙腺崩壊"

更新日:

毎週火曜日深夜1時から放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。3月3日の放送では、初のYELLOW PASS限定イベント「Gen Hoshino presents "Assembly" Vol.01」が新型コロナウイルスの影響で中止になったことを発表。星野さんから語られたファンへの想いや、選曲が話題となりました。


(画像:時事通信フォト)

■星野、イベント中止への想い語る「ずーっと話し合っていて」


当初の予定では、3月4日から始まる予定だったYELLOW PASS限定イベント「Gen Hoshino presents "Assembly" Vol.01」。

しかし残念ながら、新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、開催中止となることが発表されました。

そのことについて、星野さんは「政府の方の発表がある前から、ずーっと話し合っていて」「何よりも、早く収束して欲しいなという思いが、すごく、一番強くて」と言葉を選びながらコメント。

続けて、「来てくれる人が、そもそも楽しめないんじゃないかなと。もちろん楽しめる方もいるかもしれないけど、心の底から楽しめないんじゃないかなと」「僕だったら、ちょっと今の状況では、見に行っても心配しちゃうし。どれだけ素晴らしいイベントだったり、ライブだったりしても、頭の片隅にはどうしても心配みたいなものが残ってしまうと思うので」と、ファンの立場に立って熟考した結果だったことを明かしました。

■星野、イベント中止で「辛いというよりかは…」

イベントの開催中止を知り、星野さんの公式Instagramに投稿されたコメントを読んだというファンからは、「寂しい気持ちになりましたが、源さんの言葉がとても温かく、『また笑顔で会える』と不思議な確信みたいなものが持てました」とのメールが届いていました。

それを聞いた星野さんは「良かったです。ありがとう」とポツリ。

イベントについては、「今しかやれないようなネタではないというか」「辛いというよりかは、『よっしゃ仕切り直そう』っていう感じですかね」と本音を語りました。

また、「僕よりも、間に関わってるスタッフさんとか、お金の問題ね。本当に大変な方々もたくさんいると思います」と関係者を気遣った星野さん。

普段行われているイベントや催し物についても、「普通に開催されることは、そんなに当たり前じゃないんだっていうような」「どれだけ多くの人と、どれだけ多くの……言い方アレだけど、お金だったりとかね。そういう支えみたいなもので出来上がってるかっていう」と、噛みしめるようにコメントしました。

■星野の本音と新CM起用曲の歌詞にファン"涙腺崩壊"

最後は、「もちろん残念ですけど、100%楽しめるようなものになると思いますので。またその時、笑顔で会いましょう」と明るい言葉で締めくくった星野さん。

その後、NTTドコモの新CMに起用された星野さんの楽曲「フィルム」がオンエアされ、まさに現状の様子を映し出したかのような歌詞に、ファンからは「今、聴くと何だか泣けてくる」「Assemblyの話からのフィルムはもう涙腺崩壊でしょ」「フィルムが沁みる…」などの声が上がっていました。

また、「源さん。言葉にしてくれて、ありがとう」「また仕切り直しましょって。今こう考えられる源さんはかっこいいなと思う」「改めての開催を祈ってます!!待ってます!!」との声も上がっており、星野さんの言葉に励まされたというファンも多かったようです。

番組中、「いつできるかは分からないですけども」と前置きしながらも「必ず、"Assembly"やりたいと思っておりますので」と、"必ず"を強調して言ってくれた星野さん。

改めて開催されることを信じて、これからも星野さんを応援していきたいと思ったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
星野源のオールナイトニッポン
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20200304010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.