「カッケ〜」ノブコブ吉村が感銘を受けた東京芸人とは!?新番組『さまぁ〜ず論』が"最高"と話題

更新日:

10月5日放送の「さまぁ~ず論」(テレビ朝日系)では、ゲストとしてお笑いトリオ・ネプチューンの"ホリケン"こと堀内健さんが登場。ホリケンさんが得意の一発ギャグについて普段からメモをしていると明かしたり、平成ノブシコブシ・吉村崇さんが番組で感銘を受けた瞬間を語ったりして話題を集めました。

(画像:時事)

■「さまぁ~ず論」の初回ゲストはネプチューン・堀内健

番組初回ゲストは、お笑いトリオ・ネプチューンの堀内健さん。ホリケンさんといえば、豊富な持ちギャグが魅力の芸人ですが、そのことについてさまぁ~ず・大竹一樹さんがいつでも使えるようにメモをしているのか聞くと、ホリケンさんは「ギャグ(メモ)します」とコメント。

続けて、大竹さんは、ギャグは家で考えているのか尋ねたところ、ホリケンさんは「下手したら普通の言葉もメモちゃって。後から見たら、なんじゃこりゃ『テンピュール』って書いてあって」と普段からギャグに使えそうな言葉をメモしていることを明かしました。

すると、サブMCの平成ノブシコブシ・吉村崇さんは「凄い美学あるんです、ここじゃないとダメだって。ひな壇の後ろから見てたら、ここ行かないんだ、あのギャグ…っていうのもありますよ。凄い見ながらやってますよね」と、ホリケンさんはタイミングをよく考えてギャグを披露していると言います。

そのことについて、ホリケンさんは「今だっていうタイミングがちょっと鈍いのかもしんない。関係なく人が喋ってる時に『ヤリイカ大漁』みたいな、関係ないところで行くっていうのが得意だから」と持論を展開しました。

また、吉村さんが「ひな壇の裏回しの裏もやりますよね。誰かにポンポンと叩いていかせたり」と話すと、ホリケンさんは「それは俺好きだわ。『これこれ言って』みたいな」と他の芸人に一発ギャグをするように促すのは得意とのこと。

そんなホリケンさんについて、大竹さんは「世間のイメージとちょっと違う、計算された」と、感覚的にやっているようで、よく考えて笑いを取るホリケンさんのセンスを絶賛しました。

■「カッケ〜」ノブコブ吉村が感銘を受けた東京芸人とは!?

吉村さんは、話が変わると前置きした上で「ここのみなさんの絆が大好きで…。1回『27時間テレビ』みたいなのがあったんです。僕はそん時、大きなひな壇の一番後ろで出てたんですね。大竹さんが色んな物が落ちてきて、なんかやるっていうコーナーで、(大竹さんが)ちょっと納得してなかったんですよ」とコメント。

続けて吉村さんは「怒ってはいないんですけど『んんん?』っていう感じになった時に、東京芸人のそれこそネプさんとかバナナマンさんとか色んな人が1回こうグッと立ったんです、一瞬、助けに入ろうってのが。それを後ろから見た時に『カッケ〜!』って思ったんですよね」と東京芸人の絆に感銘を受けたことを明かしました。

■新番組『さまぁ〜ず論』が"最高"と話題

今回の放送について、ネット上では「きたきたここの世代の東京芸人の話」「新番組『さまぁ~ず論』視聴完了初回ゲストがホリケンなのは正解だね、来週も観よう」「さまぁ〜ず論最高の番組だ…」などのコメントが上がっています。

ホリケンさんが真面目にネタ作りや一発ギャグについて話す姿は、新鮮だったのではないでしょうか。また、吉村さんの東京芸人の絆に感銘を受けたエピソードも素敵でしたね。

【番組情報】
さまぁ~ず論
https://tver.jp/corner/f0058335
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.