日向坂46金村美玖、乃木坂ファンの想いを背負い『サヨナラの意味』センター努める!「エモすぎる」「感動した」と反響続々

投稿日:2020/12/22 13:39 更新日:

12月21日に放送された「CDTV ライブ!ライブ!クリスマススペシャル」(TBS系)では、乃木坂46と日向坂46のスペシャルコラボが実現。ファンからの大きな注目を集めました。

(画像:時事)

■乃木坂46カラオケトップ10メドレーに、日向坂46が参加

乃木坂46は、2020年にカラオケ(JOYSOUND)で歌われた曲トップ10をメドレーで生披露。そして、そのメドレーに日向坂46のメンバーも参加することになりました。

彼女らがメドレーを披露するステージは、千葉県のマザー牧場。12月の夜、めっきり冷え込んだ屋外で行われました。

まず、第10位の「裸足でSummer」は乃木坂46の一期生と二期生、第9位の「ジコチューで行こう!」は乃木坂46の三期生メンバーが披露。広大なイルミネーションの中、赤い衣装を身につけたメンバーが元気いっぱいにパフォーマンスしました。

■「ガールズルール」のセンターは加藤史帆!ファンからは「ハマってた」の声

第8位に選ばれたのは、白石麻衣さんが初めてセンターを務めた表題曲「ガールズルール」。イントロが流れ出すと画面が切り替わり、メリーゴーラウンドの側で空色の衣装を身につけ踊る、日向坂46のメンバーらが映し出されました。

ネット上では「え!ガールズルール日向坂46?!」「レアじゃない?」「こりゃスゴイ」「日向坂がガールズルールとかやばい…」「乃木坂の曲歌うとか貴重すぎ」など、日向坂46が乃木坂46の代表曲を歌う珍しさに、驚きの声をあげるファンが続出。

そして、この曲のセンターを務めたのは、日向坂46一期生・加藤史帆さんでした。

彼女のパフォーマンスを見たファンからは「ガールズルールのセンターかとしにしたの誰天才」「めっちゃ似合うな」「昔カバーしたことある?それくらいハマってた」「なにも違和感なかった。かっけぇなぁほんと」「かとしセンターのガールズルールが見れる日が来るとはな」など、多くの賞賛の声が。

美しい容姿を持ち、年長組としてグループを引っ張り、センターというよりはその脇でセンターを支える役目が多い印象だった白石さん。そんな白石さんと境遇が似ている加藤さんが白石さんのポジションを務め、見事なパフォーマンスを披露したことに感激したファンが多かったようです。

■金村美玖、乃木坂ファンの想いを背負い『サヨナラの意味』センター努める!「エモすぎる」「感動した」と反響続々

また、第5位「サヨナラの意味」の披露も、日向坂46が担当。2017年にグループを卒業し芸能界を引退した橋本奈々未さんが、最初で最後の表題センターを務めており、乃木坂46ファンの間で名曲として愛され続けているこの曲。

そんな「サヨナラの意味」のセンターを今回務めたのは、日向坂46二期生・金村美玖さん。少し緊張した面持ちではありながらも、凛とした表情で、最後まで堂々としたパフォーマンスを見せました。

ネット上のファンからは「ちょっと待ってこれはエモすぎる」「表情というか雰囲気が橋本奈々未さんに見えた鳥肌たった」「これは感動した!!美玖ちゃんサヨナラの意味センター」「センターを務めてくれた美玖ちゃんが、いつもと違って見えたのは、思い出の中のあの方と重ねたからなのだろうか」「もとななみん推しから言わせてもらいます 今日のおすし(金村さん)はななみんでした」「橋本奈々未の凛とした美しさを表現するのに金村美玖ちゃんというのは想像もしなかったけどぴったりはまってる!」などのコメントが。

金村さんセンターで披露された「サヨナラの意味」に感動した、しっくりきた、というファンが多かったようです。

また「日向坂なりにこの曲を咀嚼して、当然プレッシャーを感じながらのパフォーマンス。すばらしかったです。またひとつ、この曲が好きになりました」「絶対不安、プレッシャーやばかったのにめっちゃ頑張ってた!」「おみくここ3日くらいずっっと緊張してたでしょ。メッセ少なかったし。よく頑張ったね。僕なんか泣きそうだよ」と、メンバー、特に金村さんを労るファンの声も多数。

乃木坂46にとって非常に大切な曲である「サヨナラの意味」のセンターという大役を任され、乃木坂46ファン、橋本さんファンの想いも全て背負ってパフォーマンスに挑んだ金村さん。そんな彼女の姿に、胸を打たれたファンが多かったようですね。

■「シンクロニシティ」でシンクロする乃木坂46×日向坂46

さらに第3位の「シンクロニシティ」では、乃木坂46・遠藤さくらさん、日向坂46・小坂菜緒さんがそれぞれセンターを務め、2つの場所で同時にパフォーマンスを披露。美しくシンクロした二組のダンスが、ファンの感動を誘いました。

普段は決して見られない貴重なパフォーマンスを見ることができた、今回のスペシャルコラボ。ファンにとって永久保存版となったのではないでしょうか。

また、乃木坂46卒業メンバーのセンターポジションを、それぞれ最大限のリスペクトを持って日向坂46のメンバーが務めた姿は感動ものでしたね。

(文:アイドル担当ライター みなみぱん)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.