『日向坂で会いましょう』ドラクエBGMの凝った演出に「ツボる」の声!アドリブ企画が話題

更新日:

9月1日放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)で、日向坂46のメンバーはアドリブ企画に挑戦。特に佐々木久美さんの出演シーンでBGMに「ドラゴンクエスト」の楽曲が使用されるなど凝った演出が話題を集めました。


画像:時事

キャプテン・佐々木久美がアドリブ中継に挑戦

この日の企画は「この際だから日向坂46のアドリブ女王を一旦決めておきましょう!前半」。これからバラエティ進出したい日向坂46のメンバーのアドリブ力を鍛えるために、番組が用意したシチュエーションで実力が試されることになります。

キャプテン・佐々木久美さんが挑むことになったのが「中継ロケ番組」。倉庫を訪れた佐々木さんは、オードリー・若林正恭さんから「動物園から猿が逃げ込んだ住宅街からの中継」という条件を与えられアドリブ中継ロケに挑戦します。

「現場の佐々木久美さん」という呼びかけに応じて、テレビ番組でよくある現場からの中継ロケを開始する佐々木さん。「私が猿を見つけようかな」と陽気な感じで現場の様子を伝える佐々木さんですが、若林さんからは「腰に拳をあてる仕草の印象が良くない」とダメ出しを食らうことに。

また、倉庫に置かれた木材を住宅街の人に見立ててインタビューをするも、ベタベタと木材を触ってしまい、ここも若林さんから「印象悪いですよ!」と厳しいツッコミが入れられます。

猿役のオードリー春日に爆笑

佐々木さんが倉庫の奥に進んで行くと、若林さんは「猿を呼べたりするんですか?」と質問。ここで、佐々木さんは「電波が…」と聞こえないふりをすることに。

事前に若林さんから困った時は聞こえないふりをすると良いというアドバイスをもらっていた佐々木さんは、見事に実践したようです。

ここで、テロップは、「ささくは 聞こえないふりを おぼえた!」という「ドラゴンクエスト」風のものが入り、しかも、BGMは「DQ」のおなじみのレベルアップ音が使用されていました。

中継を続ける佐々木さんはそこで、「見つけてしまいました」と動物園から逃げ出した猿に扮した春日さんに遭遇。直撃インタビューで「猿かゴリラかどっちですか?」と聞くと、「猿です」と答える春日さん。

日本語が話せる猿に脱走した理由を尋ねるというシュールなシチュエーションが爆笑を誘うことになります。

「DQ3」のBGMが「ツボる」と絶賛の声

レベルアップ音の他にも佐々木さんが春日さんと遭遇するシーンでは、「DQ3」の「戦闘のテーマ~アレフガルドにて~勇者の挑戦」 」がBGMで使用されました。

「DQ」ではおなじみの勇者一行がフィールドを移動中にモンスターと遭遇し、戦闘するというシチュエーションと、猿役の春日さんに遭遇する佐々木さんの姿をうまくリンクさせていて、非常に凝ったBGMの使い方をしていたようです。

「DQ」のBGMにネットでは、「日向坂でドラクエBGMツボるw」「日向坂で会いましょうのスタッフさんドラクエ好きだよね笑日向坂もドラクエも好きだから嬉しい」「日向坂で会いましょうドラクエBGM引っ張ってくるあたりマジですこ」などの声があがっていました。

春日さんとのやり取りは完全にコントですが、「DQ」のBGMがこの場面にはこの曲しかないという絶妙なチョイスで非常に楽しめる放送となっていました。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.