上村ひなの『ひなあい以外は邪道だよ』圧巻のマイクパフォーマンスに"成長感じた"の声!

更新日:

3月8日の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)は「ひなあいVSひなましょう いい加減白黒つけましょう!前半」を放送。日向坂46のメンバーによるマイクパフォーマンスが話題を集めました。

■「ひなあい派」と「ひなましょう派」がマイクパフォーマンスでバチバチ

今回は番組の愛称を巡って日向坂46のメンバーが「ひなあい派」と「ひなましょう派」の2チームに別れて、この戦いに決着をつけるべく熱いバトルを繰り広げることになります。

「ひなましょう派」はキャプテン・佐々木久美さん、富田鈴花、春日俊彰さんの合計3名だけの少数編成。一方で「ひなあい派」は中立の佐々木美玲さんをのぞく他の全メンバーが加わるなど大人数で「ひなましょう派」を迎え撃つことに。

そのオープニング、「ひなあい派」は最年少ながらチームのキャプテンを務める上村ひなのさんは「ひなましょうじゃ、何も伝わってこねーよ!ひなあい以外は邪道だよ!」と宣戦布告。

すると、「ひなましょう派」の佐々木久美さんは「気持ちが伝わるか伝わんないかなんてこっちのハード次第なんだよ!」と反撃。

さらに、佐々木さんは「おい松田好花!SHOWROOMで勝手に「ひなあい」にしましょうって決めてんじゃねえ!この番組のことはこの番組で決めんだよ!」と松田好花さんを名指しで挑発。

これに対して、「そんなもんやったもん勝ちだろ!おひさま(日向坂46のファンのこと)の世論調査の結果なんだよ!」と世論の意見を盾に言い返す松田さん。

世論調査で「ひなあい」が多数意見ということもあって、若林正恭さんも「もう決まりだ!おひさまが言ってるなら…」と対決するまでもないとコメント。

これで勝負ありと思われた瞬間、富田さんは「このピンクベストに誓って!ひなましょうが勝ちましょうだよ!」と、春日さんのピンクベスト着込んで「ひなましょう」をアピール。

このピンクベストを見た若林さんは「こっちは春日派と言ってもいいということだね」と伝えると、佐々木さんは「それは違います」と否定。日向坂46のメンバーはオードリーに鍛えられたバラエティ力をオープニングから見せつけることに。

■最年少・上村ひなのに"成長感じた"の声

佐々木さん相手に圧巻のマイクパフォーマンスを見せた上村さんは「オトナの色気対決」でも、キメ顔でセクシーに「ひなあい」をアピールして存在感を発揮。

そんな上村さんにはネット上で、「表情も柔らかくなったし発言もしっかりしてきてひなのの成長を感じる」「ひなのもマイクパフォーマンスでプロレス出来るまでにメンバー仲深めて成長したんだなぁ偉いぞ!」などのコメントが。

対決の行方は来週の後半戦に持ち越されましたが、最年少の上村さんが物怖じせずにマイクパフォーマンスをする姿は成長を確かに感じましたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.