Hey!Say!山田涼介『生きてていいんだよ』に涙腺崩壊するファン続出! #セミオトコ が好スタート

更新日:

7月26日深夜、Hey!Say!JUMPの山田涼介さん主演の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系)がいよいよスタート。山田さんの魅力が詰まった、王子らしさ全開のセミと、冴えないアラサー女性の心情をリアルに描いた内容が、早速反響を呼んでいます。

コミュ障気味のヒロインに「すごい分かる…」と共感の声

このドラマは、地上での7日間のセミの生涯を描いていることから、表題を『第1話』などではなく、『1日目のセミ』と表現しています。こうした細かい部分に注目してみると、同ドラマをより楽しめるかもしれません。

記念すべき第1回目の放送は、山田涼介さん演じるセミオトコによるナレーションから始まりました。セミオトコの半生にはじまり、ヒロインや登場人物のキャラクターが徐々に明らかになっていく内容です。

引っ込み思案で、人との対面を苦手とする大川由香(木南晴夏)は、人と会話をしたり接する必要のない、食品工場の製造ラインで働いています。ところがある日、職場の上司から「今日から弁当の販売部門を担当してほしい」と告げられ、唖然とします。

こうした由香の日常を見た視聴者からは、「接客苦手な主人公、共感しかない。販売も電話対応もないから、製造系の仕事選ぶのすごい分かる…視聴決定!」「これまで、涼介くんのドラマの相手の人物(由香さん)にこんなにも共感し、ここまで自分を重ねたことはありませんでした…」などの声が上がりました。

山田涼介「生きてていいんだよ」に涙腺崩壊するファンも

職場の同僚に「大川さんって、何のために生きてるの?」と聞かれたのをきっかけに、由香はこれまでの自分の生き方について語りはじめます。地味で何事にもツイていない人生を送ってきたことで、「自分が死んでも何も変わらない」と考えている、由香。

そんな由香のもとに突如現れたのが、地中から羽化すると同時に人間の姿に扮したセミ王子、セミオトコでした。

見知らぬ美青年が、突然部屋に上がり込んできたという異様な状況に、混乱する由香。セミオトコは優しい笑顔で、「恩返しに来ました」と話します。

さらに、『7日間、一緒にいさせてほしい。その間、自分にできることは何でもする』というセミオトコに、由香がした初めての願い事は、『生きてていいんだよ、って優しく抱きしめてほしい』というものでした。
それを聞いたセミオトコは、一瞬切なげな表情を見せたあと優しく微笑み、由香の願いを叶えます。

ネットでは、「私も自分の存在理由、生きる意味、価値がホントに分からなくて死にたいって何度も思ってて、涼介くんが『生きてていいんだよ』って言った瞬間ガチで大号泣した」などの声も上がり、山田さんの優しい声と心にしみる台詞が、多くの視聴者を癒したようです。

セミオトコ「木から吸わなくていいんですか?」

そんな感動的なシーンの直後、クスりと笑えるチャーミングなシーンが。

セミオトコは突如、抱きしめていた由香から離れ、キッチンに置いてあるメイプルシロップ入りの瓶のもとに直行します。

「これは何ですか!?」とメイプルシロップを手に取るセミオトコ。由香が「メイプルシロップですけど…楓の樹液」と答えると、セミオトコは「え!?樹液!?そんなものがあるんですか、木から吸わなくていいんですか?」と興奮。ついには瓶ごとメイプルシロップを美味しそうに飲みはじめます。

これに対しネットでは、「樹液にめっちゃ食いついてるww」「樹液うめ〜って言ったときの顔、可愛過ぎ!」などの声が上がりました。

あまりに幸せそうなその姿に、たまらず由香が「私にも、ちょっと…(ください)」と願い出ると、セミオトコはまるで、おもちゃを取り上げられそうな子どものような表情で、メイプルシロップを渡すまいと抱きしめます。

山田さんが見せたこの表情が、ネット上でも大反響を呼び、「メイプルシロップ独り占めの顔が可愛すぎて卒倒するかと思った…」「『私にも一口…』を拒否って、いきなり願い事叶えないセミオ君、可愛いにも程がある!!」と、悶絶するファンの声も多数見られました。

セミが苦手な女性からも「可愛いイラストで大正解!」の声

セミの生涯をテーマにした同作品ですが、実際は、昆虫のセミを苦手とする女性も多いことを考慮し、地中で眠る幼虫の姿や、羽化して地上に飛び立つセミの姿は、可愛らしいアニメーションで表現されていました。

これにはネットでも、「本当にセミとか羽化シーンとかをアニメにしてくださったのは助かりました!」「セミが可愛いイラストだったの大正解!安心した!」などの声が上がっていました。

さらに、「非日常的な脚本なのに何の違和感もなく内容がスッと入ってきてゾクゾクした…」「単に山田くんを愛でるドラマかと思ったら、(今田)美桜ちゃんすっごい可愛いし、木南晴夏さんの演技にも泣いちゃうし、クスッてしちゃうし、すごい良かった!」などの声も見られました。

フィクション要素の強い設定と、共感できる心情や台詞のバランスが程よく、幅広い視聴者から好評を得たのではないでしょうか。

次回、『2日目のセミ』の放送も楽しみですね。

(文:アイドル担当ライター くる美)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.