山本舞香のキャスティングに「天才でしょ」と絶賛の声!あの大女優の若き日演じ話題 #Heaven

更新日:

8月20日に放送された石原さとみ主演のドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)に山本舞香さんが出演。若かりし日の加賀まりこさん演じることになった山本さんのキャスティングが話題になりました。

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』第7話のあらすじ

開店から1年経ち、常連客や新規の客でにぎわいを見せるフレンチレストラン「ロワン・ディシー」に、俳優の湯浅(丸山智己)が来店。ソムリエの山縣重臣(岸部一徳)にぶしつけな態度を取るなど、マナーの悪い湯浅にオーナーの黒須仮名子(石原さとみ)は不満顔。

そんな湯浅に常連客・古瀬(加賀まりこ)が物申すも、湯浅は激怒。しかし古瀬が表舞台から消えた伝説の女優・久世光代ではと勘ぐった湯浅は、知り合いのカメラマンにスクープがあると伝えて呼び寄せることになるが…。

元ネタは篠原涼子主演のあのドラマ?「餡フェア」が話題

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』の見所の1つが小ネタですが、第7話でもドラマや映画のパロディネタが満載でした。

例えば『逃げ恥』のパロディ作品『行け恥』や、『グレイテスト・ショーマン』のパロディ作品『グレーティストシャーマン』などのフレーズが登場。

他にも『はじこい』の"ゆりゆり"をパロディにした"ゆさゆさ"や、『あまちゃん』の"じぇじぇじぇ"まで登場するなど、小ネタたっぷりの演出でした。

とりわけ印象的だったのが、篠原涼子さん主演の『アンフェ』シリーズをもじった『餡フェア』だったのではないでしょうか。これは、名前の通り餡子(あんこ)をテーマにしたグルメフェスのこと。ちなみに『餡フェア』のポスターも元ネタを意識した作りになっているところが笑いを誘います。

あの大女優の若き日演じた山本舞香のキャスティングに「天才でしょ」の声

第7話のキーキャラクターである伝説の女優・久世の若かりし日を演じた山本さん。

久世には代表作『楽しい夜をありがとう』があります。別れ際に投げキッスした後で、ウインクしながら「楽しい夜をありがとう」と伝える名シーンで知られています。

若かりし日の久世を演じる山本さんと加賀さんが、それぞれこのシーンを再現。コケティッシュな魅力で人気を集めた若き日の加賀さんと、雰囲気の似ている山本さん演じることで、過去と現在が自然な形でリンクするのキャスティングの妙が光る場面になりました。

山本さんのキャスティングについて、ネット上では「加賀まりこと山本舞香が似てるって気づいた人天才でしょ」「『Heaven?ご苦楽レストラン』加賀まりこの若い頃を山本舞香が演じるという急な角度からくる納得の新発明がすごい」「加賀まりこさんの若い頃の役、誰かと思えば山本舞香さん。適役」などの声が上がりました。

昭和の雰囲気漂う衣装と髪型で登場する大女優の若き日を演じた山本さん。彼女をキャスティングした制作チームの判断に賞賛する人も多かった放送回だったのではないでしょうか。

番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0038464

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.