ノンスタ・石田『激動の吉本本社』タイムリーなパワーワードに絶賛の声! #水ダウ

更新日:

8月21日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS・MBS系)は、企画「リアルプロゴルファー猿選手権」の検証を実施。ゴルフクラブを製作中の大西ライオンさんに、NON STYLE・石田明さんのかけた言葉が話題になりました。

『水ダウ』で「リアル"プロゴルファー猿"選手権」検証

21日放送の『水曜日のダウンタウン』は「リアル"プロゴルファー猿"選手権」の検証を実施。この企画は、藤子不二雄Ⓐさん原作の漫画「プロゴルファー猿」で主人公の猿谷猿丸が、1本の木を引き抜いて自作のゴルフクラブを作ったことに倣い、参加者に丸太を渡して自前のゴルフクラブを作ってもらい対戦するというもの。

今回の参加者は、ゴルフ芸人のFUJIWARA・原西孝幸さんと大西ライオンさん、ゴルフは未経験でも大工の経験のある尼神インター・渚さん、そして、ゴルフクラブ職人の増田雄二さんの4人。

丸太から作成したゴルフクラブで対決!ドライバーの重さに明暗

企画の趣旨は理解したものの、丸太だけを渡されてもどうゴルフクラブにすれば良いのかわからない原西さんは、ホームセンターに行き相談。チェーンソーを使って丸太を細く切り出し、ノコギリで木を削り、形を整えて作ったドライバーの重さは2.1キロ。

一方で、渚さんは元大工としての経験を生かします。様々な工具を使いこなし、原西さんよりもコンパクトな、重さ0.7キロのドライバーを製作。ちなみに大西ライオンの製作したドライバーは重さ1.3キロでした。

芸人たちが持てる技術を使いゴルフクラブを作る中で、プロとしての技術を見せつけたのが増田さん。丸太からクラブの形を切り取り、専用研磨機で3時間削り、さらにヘッドの裏側に穴を開けて軽量化し、外見を整えて完成させます。

そんな増田さんのドライバーの重さは0.45キロ。見た目も美しく職人としての技量を遺憾なく発揮することになります。

そしていよいよ、自作のドライバーでのゴルフ対決が始まります。原西さんは流石にドライバーが重すぎて、振り切れずに大苦戦。また、渚さんはセンスを見せるものの、素人なので細かく進んでいくことになります。

そうした中で、勝負は大西さんと増田さんの一騎打ちに。しかし大西さんが4打目でバンカーとなったこともあり、ゴルフの腕前も抜群な増田さんがダブルボギーで圧勝。最後、検証結果は「リアルプロゴルファー猿は増田雄二さん」という形で締めくくることになります。

ノンスタ石田「激動の吉本」にネットがザワつく

検証は増田さんはすごかったという結果に終わったのですが、反響が大きかったのが大西さんとNON STYLE・石田明さんの絡み。大西さんが吉本興業本社で作業をしていると、石田さんが現れます。

「何してるの?」と聞かれて大西さんが木でゴルフクラブを作っていると答えると、すかさず「プロゴルファー猿的な?」と企画の意図を瞬時に理解する石田さん。

さらに石田さんは、「ようお前、激動の吉本の本社でこんなのんびりしたことやってんな」と、吉本のお家を騒動をネタにしたツッコミを入れることに。

絶妙なツッコミを入れた石田さんに、ネット上では「激動の吉本wノンスタ石田のこういうワードセンス好き」「ノンスタ石田の『激動の吉本本社』っていうパワーワードww 」。「ノンスタ石田、サブカルに通じてるなぁ」などの声が上がりました。

騒動の最中で神経質になりそうなところですが、絶妙なワードセンスで笑いをとっていく石田さんは流石の一言ではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.