『半沢直樹』の"顔芸合戦"に「ビビりました」尾上松也、市川猿之助に驚愕!?「やり過ぎたシーンは…」

更新日:

8月8日放送の「サワコの朝」(MBS /TBS系)では、歌舞伎役者の尾上松也さんがゲストとして出演。松也さんが出演中のドラマ「半沢直樹」での市川猿之助さんの演技に驚いたことを明かし話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■『半沢直樹』の"顔芸合戦"に「ビビりました」尾上松也、市川猿之助に驚愕!?

今回のゲスト、尾上松也さんは、話題のドラマ「半沢直樹」に瀬名洋介役で出演中。「半沢直樹」には、香川照之(市川中車)さん、市川猿之助さん、片岡愛之助さんといった歌舞伎役者が多く出演しています。

そのことについて司会の阿川佐和子さんは「今回は歌舞伎役者の方が物凄く多くないですか?そのせいかはわかんないけど、この… なんていうのかな。迫力が歌舞伎的になってるみたいな、ドラマ全体が」と松也さんに質問しました。

すると、松也さんは「いや〜そうですね。まあ、あの~顔芸合戦みたいに…。猿之助さんの顔芸が凄いんでね、本当に1話を見た時はビビりましたけどね」と、猿之助さんの演技に圧倒されたと語ります。

■ドラマと舞台で求められるものの違いで"戸惑い"も

また、阿川さんは「普通だってなんていうの?舞台でやってらっしゃる、例えば歌舞伎の場合もそうだけれども、少し やっぱり舞台での表現方法を抑えてくれって、ドラマの場合には言われることが多いでしょ?」と松也さんに話を振ります。

これに対して、松也さんは「そうですね。僕もやっぱりドラマに出させていただくようになった最初の時っていうのはやっぱり抑えられなくてですね、自分で。声も含めて動きも含めてですけども」とコメント。

続けて、松也さんは「右向け左向けつったら体ごとガンガンって向かわないとやってる気がしなかったんですよ。声も『なんとかだ!』『なんとかだ!』って言わないと、なんかしてる感じがしなかったので…。演じてるっていう感じがちょっとしなかったんで、そこを凄く注意されたんですよ」と舞台とは求められるものが違う映像作品に戸惑ったことを明かします。

■尾上松也が「半沢直樹」で「やり過ぎたシーンは…」

一方で、松也さんは「『半沢直樹』に関してはもうちょっとそれを解放していいかなというふうにも思って」と話すと、阿川さんはすかさず「ちょっと やり過ぎたシーンとかあったんですか?」と訊きます。

すると、松也さんは「いや…。やり過ぎたシーンはないですね。これは『半沢直樹』ならではだと思うんですけど、足りなかったんじゃないかなと不安になりましたけどもね。まだやった方がよかったのかなと、周りの先輩方のを見てたら」と逆にもう少しできたのではないかと不安を感じてしまったことを語りました。

今回の放送について、ネット上では「サワ子の朝の尾上松也が面白すぎたw苦労人ですごい好きになった」「サワコの朝に尾上松也さんが出ていて、髪型も服装もほぼ半沢直樹の時のそれなので、ス…スパイラルの社長だー!ってなってる」「尾上松也さんが市川猿之助さんの顔芸にビビってたと話していた。あの顔芸を間近で見るとそりゃビビるわな。それぐらい気合の入った演技ってことです」などのコメントがあがっています。

迫力のある演技も見どころになっているドラマ「半沢直樹」。今回は、松也さんがこの作品に関しては、もっとやりすぎぐらいでも良かったと話すシーンが印象に残った人もいたのではないでしょうか。

【番組情報】
サワコの朝
https://tver.jp/episode/75274017
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.