花江夏樹、『娘 嫌われないための方法』と検索していることを明かす!愛娘を溺愛する姿に称賛の声続々

投稿日:2020/12/06 10:59 更新日:

12月6日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、選出に引き続き、人気アニメ「鬼滅の刃」で声優を務めた花江夏樹さん、鬼頭明里さん、下野紘さん、松岡禎丞さんが出演。花江さんが今年生まれた双子の愛娘への愛を爆発させる姿が話題を集めました。

■花江夏樹が子育てを語る

今年9月に双子の女の子が生まれた花江夏樹さんは子育てについて、「うちは奥さんが日中は見てくれてるので、僕はもう夜の担当として、10時、1時、4時、7時って3時間ごとに授乳があるんで…。1時、4時は必ず僕が起きてて、その間は奥さん寝かせてあげて、授乳するって決めてるんですけど」とコメント。

この話を聞いた下野紘さんが「大変だよね」と尋ねると、花江さんは「大変な部分も多いんですけど、でもやっぱりね、可愛いすぎる。それに比べたら、全然余裕だし」と2人の娘が可愛くて仕方ないことを明かします。

また、花江さんは「なんか聞いてたよりも辛くないなって思うんですよ。なぜかというと、僕『おはスタ』を子供が生まれるまでやってて、朝5時起きで仕事行ってたんで…。子供生まれるからっていうのもあって、理解して頂いて卒業することになったので。それに比べたら可愛いし、全然、余裕だなっていうか」と、おはスタの経験があるため辛く感じないということを明かします。

■花江夏樹が双子の娘の英才教育を宣言?

花江さんは「声優になりたいって言ったら止める。なぜかというと、やっぱ、こういう上辺だけを見てなりたいって言うかもしれない、キラキラした部分。みんな楽しんでキャッキャやってますよみたいな。そういう部分を見て、声優を目指したいっていうなら止めますよ」と説明。

一方で、花江さんは「ただ根本、お芝居をしたい、表現したい、声だけで何かを伝えたいっていう気持ちが真剣にあるのであれば、そこはもう英才教育をして」と本気で声優を目指したいのなら全力でサポートすることを宣言します。

■花江夏樹、『娘 嫌われないための方法』と検索していることを明かす!

また、花江さんは「生まれる前からちょっと想像しちゃってて」と切り出して、「彼氏、連れてきたらぶっ飛ばしてやろうかな みたいな」とコメント。

下野さんが「それはやめようよ。1回、話し合いしてよ」となだめるも、花江さんは「チャラチャラしたやつ連れてきたら どうしようとか」とまだ生まれたばかりなのに、彼氏のことを心配しているとのこと。

さらに、鬼頭明里さんが「あと、1人暮らしさせないために仕送りしないって言ってましたね」と話を振ると、花江さんは「仕送りしない、おんなじマンションに住ませたいっていうのをやると嫌われるってネットに書いてあったんです。だからもうね、今、八方ふさがりで、どのぐらいの距離感で娘と接しようみたいな…。日々 『娘 嫌われないための方法』めちゃめちゃ調べてて…」と悩みが尽きないことを明かします。

今回の放送にはネット上で、「娘に嫌われない方法をネット検索してるなんて素敵なパパだね」「花江パパの娘溺愛っぷりったらないね(笑)素敵だ娘に嫌われないための方法検索してるのは草だったけどw」。「ボクらの時代、花江さんの親バカっぷりが面白くて仕方ないんだけど」などのコメントが上がっています。

花江さんの親バカっぷりが面白かったですが、本当に2人の娘さんを大事に思っていることが伝わってきました。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.