金爆の自己プロデュース能力に賞賛の声「あくまでも目的は最速CDリリース」プロモーションに成功?

更新日:

2019年4月1日、新元号が「令和」に決まった事が発表され、これに合わせて、ゴールデンボンバー(金爆)・キュウソネコカミ・レペゼン地球などが、新元号「令和」を歌詞に盛り込んだ曲を発表して話題を集めています。

金爆が新元号ソング「令和」を発表

4月1日の新元号「令和」の発表に合わせる形で、ゴールデンボンバーが新曲「令和」を発表しました。楽曲の制作は、事前に作れる部分は作り、「令和」が発表された直後に残りのレコーディングとMVの撮影を急ピッチで進めるというもの。金爆は、同日11時ごろから「LINE LIVE」で楽曲の制作の様子も生配信。また、「FNN特報 列島縦断LIVE!ようこそ新元号SP」にも出演し「令和」を生披露しました。

新元号の発表から約1時間ほどで公開されたMVは、新しい時代の幕開けらしく、お祭り感満載の華やかな仕上がり。途中「令和新しい時代、令和胸は騒めき、令和ほんの僅かに」と新元号の名前を連発するなど、しっかり、見る人の脳に「令和」の名前をインプットさせる部分も含めて流石な仕上がりとなっています。

新元号ソング最速はレペゼン地球?

さらに、新元号が「令和」になった事に合わせる形で、YouTuberグループのレペゼン地球が、新元号をテーマにした曲を発表しました。レペゼン地球は1日の午前11時57分頃にツイッターを更新。発表から20分ほどという爆速で新元号ソングを発表したレペゼン地球に、ネットでは「天才ですもんねレペゼン地球は」などの声があがりました。

ちなみに、レペゼン地球の動画は口元が隠れるように撮影されていて、元号の部分は後から収録できるように工夫されていたようです。また、キュウソネコカミも「ギリ昭和 ~完全版~」を発表。この曲は、もともと「明治 大正 昭和 平成」という元号の歌詞が登場、そこに、新元号「令和」の歌詞を盛り込む形で完全版として発表されたものになります。

金爆の目的は"あくまでも"最速リリース

新元号ソングの最速発表という意味では、レペゼン地球に譲る形になった金爆。「レペゼン地球がもう曲出してますよ」と突っ込まれるなか、ファンの間では「YouTuberが速いのは予測済みCD最速リリースなら負けないって冷静に返す鬼龍院さんに鬼龍院さんみを感じて好き」「最速リリースは誰にも勝てねえだろうって鬼龍院さんが。さっすが」など声があがっていました。

「鋭すぎる」楽曲センスと仕掛けに賞賛の声

事前に今回の新元号ソングを作る事やネット配信する事を発表していた鬼龍院翔さん。YouTuberという違うフィールドの人達と最速を争うというよりも、あくまでも自分達のフィールドで最速リリースを目指すという冷静な所に音楽のプロとしてのプライドを感じる動きでした。また、「やっぱ金爆は天才すぎるわ。音楽センスはもちろん、自己プロモーションのやり方が鋭すぎる」など、彼らの楽曲そのものと仕掛けに唸る声も多々ありました。

最速リリースも目的ではあったと思いますが、むしろ、新元号ソング発表をエンターテイメントに仕上げて、新曲のプロモーションを見事にやったという意味合いの方が強い印象を持ちました。実際にネット配信に加えてテレビにも出演したことで金爆がメディアを賑わし、新曲の宣伝という意味では絶大な効果を発揮しましたのではないでしょうか。改めて金爆のプロデュース能力の巧みさに注目したい今回の新元号ソングの発表でした。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.