ガキ使「笑ってはいけない」がいつもと違った?「泣きそうになった」人が多かったわけとは

更新日:

NHKの「紅白歌合戦」と並ぶ大晦日恒例の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル」が2018年12月31日に放送されました。今年のテーマは、"トレジャーハンター"で、エンディングの替え歌をレミオロメンの藤巻亮太さんが担当したことが話題を集めています。

川口春奈&高橋メアリージュンの熱演が話題

ダウンタウン、ココリコ、そして、月亭方正さんの5人がトレジャーハンターとして「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」で様々な研修を行うことになった今年の"ガキ使"。笑いの刺客達とのやり取りが今年も爆笑を誘いましたが、最初に登場したのが川口春奈さん。セーラ服にロングスカート、メイクもヤンキー風の"スケ番スタイル"で登場した川口さんは、颯爽と現れるとバナナマンの日村勇紀さんに「ドブガエルが」の一言をお見舞い。キレッキレのスケ番演技を見せると、浜田雅功さんにも「うるせえチビ、座ってろ」、松本人志さんにも「うるせえプロテイン、座ってろプロテイン!」と容赦ない言葉を浴びせます。清楚なイメージを一新する川口さんの演技がネットでも反響を呼びました。

View this post on Instagram

「ガキ使」出させて頂きました!光栄です。大好きな友近さんとゆりやんさんのコントの世界に入れて頂けて、しかもそれをガキ使メンバーの前で…「緊張した」とはあまり言わないようにしているのですが、さすがに緊張しました!普段「ゲラ」なので絶対に笑ってしまわないよう命かけました… あの近距離で友近さんとゆりやんさんのコントを見て笑わないのはかなり辛いです。リハの時は全て吹き出してました!本番笑わずに済んで本当に良かった…貴重な経験をありがとうございました🌏2018年最高の思い出^ ^ #ガキの使いやあらへんで #ガキ使 #笑ってはいけない #友近 さん #ゆりやんレトリィバァ さん #未公開シーンもあります

Maryjun Takahashi 高橋メアリージュンさん(@maryjuntakahashi)がシェアした投稿 -

モデル・女優陣では他にも高橋メアリージュンさんの演技も「体張ってる」と注目を集めました。高橋さんが登場したのは、友近さんがママを務める"ハンターが集う酒場"のホステス役。ゆりやんレトリィバァさんにメキシカンハットを被せられ人格が変わった高橋さんは、ママ・友近の「手で自分のボディラインを、さあ見て、見て、見て」の掛け声に合わせてセクシーダンスを披露。見えた見えないと議論になる際どいシーンも含めて視聴者からも、高橋さんのセクシーダンスは、「ガキ使の高橋メアリージュンのところ最高すぎる」と絶賛されました。

マンネリの指摘も?サンシャイン斎藤並みのインパクトを望む声

川口さん・高橋さんのこれまでのイメージを一新する弾けた演技は好評だったものの、一方では、毎年放送される番組の宿命とも言える、「ガキ使はマンネリなんだよなぁ」という指摘もあります。"タイキック"や"蝶野正洋さんのビンタ"などが定番化して、2016年の"サンシャイン斎藤"のようなインパクトのあるものが出ずマンネリ感が否めないと感じる人は多いのかもしれません。それでも、マンネリ感も含めて笑いの刺客と5人のトレジャーハンターの頑張りを楽しむのがこのシリーズの醍醐味ですね。

エンディングの替え歌は「粉雪」

毎回有名アーティストが代表曲の替え歌を歌うエンディングですが、今回はレミオロメンの藤巻亮太さんが登場して、名曲「粉雪」の替え歌を披露しました。「バスでスケ番春奈が 毒を吐きまくる」など歌詞は面白く変更されていますが、美しいメロディと歌声で視聴者を魅了する藤巻さん。

この「粉雪」のエンディングは、「粉雪の替え歌での締めくくりが神がかっていた」「ガキ使のエンディングの粉雪の替え歌で泣きそうになった」など賞賛されることになります。番組の最後に「粉雪」の物悲しいメロディが流れると、いつもとは一味違う印象がありました。長時間の放送を見た後の「粉雪」のエンディングは感動的なものがあって、今回の"ガキ使"はそこも楽しめるポイントだったのではないでしょうか。放送は昨年の大晦日に終わりましたが、1月5日の放送では、今回はカットされた未公開シーンを一挙大公開するとのことで、見た人も見逃した人も楽しめる内容がオンエアされます。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.