古舘伊知郎「悔いが残る」矢沢永吉との果たせなかった"約束"を明かす!バーでの会話や裏話を赤裸々告白

投稿日:2021/07/20 11:29 更新日:

7月19日、フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんのYouTubeチャンネル「古舘Ch」では、ロックミュージシャンの矢沢永吉さんについて語る動画を公開。矢沢さんとの間で果たせなかった約束が話題を集めています。

矢沢永吉

(画像:時事)

■「報道ステーションに呼んでもらおうかな」バーでの会話や裏話を赤裸々告白

矢沢さんに対して謝りたいことがあるという古舘さん。特番の打ち上げで、スタッフと一緒にとあるバーで飲んでいた時のエピソードを語り始めます。

しばらくして、なんとその店に矢沢さんが一人で現れたのだとか。カウンターでウイスキーを飲む矢沢さんに、古舘さんは声を掛けたそうです。すると矢沢さんは「古舘さんどうも。ニュース見てますよ。大変でしょうご無沙汰してます」と言い「どうぞどうぞ、俺一人ですから」と隣の席をすすめてくれたと言います。

それから矢沢さんと20分くらい話が弾んだという古舘さんは「いつか矢沢永吉さんのようなすごい人を招いて」と、当時自身が司会を務めていた報道番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)に招きたいと希望を矢沢さんに伝えたのだとか。

すると矢沢さんは「頑張って古舘さん。いつも見てるから。いつか俺が何か企てがあった時に報道ステーション呼んでもらおうかな」と言ってくれたそうです。

■矢沢永吉との果たせなかった"約束"を明かす!

バーでの一件から何年も経った後のこと。矢沢さんサイドから報道ステーションにコンタクトがあり「報道ステーションイチオシで本人も出たい」と持ち掛けられたのだとか。

しかし、当時「全く俺は余裕が無かった」という古舘さん。本音は矢沢さんをゲストに迎えたかったものの、当時の報道ステーションではそれができなかったと言います。

当時の気持ちを「とても矢沢さんのようなすごい人をお招きして、収録でやるにしても長く回したものを、はい、たかだか10分、たかだか15分で」「そんな尺でポンと編集して出すなんてことは僕はできない。失礼で」と振り返る古舘さん。

本音としては、20分以上の尺で「たっぷりと矢沢永吉の魅力を出してやんなきゃいけない」ところ「それができる余裕が僕にも番組自体にもなかった」とのこと。

しかし、番組に矢沢さんのことを呼べなかったことが「ずっと気になっていた」という古舘さん。自身が報道ステーションから離れた際、当時のマネージャーに矢沢さんの事務所に行ってもらい「その時の約束が果たせずごめんなさい」と伝えてもらったそうです。

■古舘伊知郎「悔いが残る」ファンからはコラボ要望の声

約束を果たせなかったことについて、今でも「悔いが残る」という古舘さん。

矢沢さんとのエピソードに対し、ネット上では「サスガ矢沢永吉さんのお話は引き込まれました」「沢山の素晴らしい人と関われている古舘さん、羨ましいです」「古舘チャンネルで矢沢さんとトークやって!」との声が上がっています。

いつか矢沢さんと古舘さんのトークが見たいと期待する視聴者も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
古舘Ch
https://www.youtube.com/watch?v=35WYSDJ7pDc
(文:二木もなか)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.