最新テクノロジーで蘇った亡き母に出川哲朗が伝えたかった事とは?「復活の日」が話題

更新日:

最新テクノロジーと綿密な取材でゲストが会いたかった人と再会するトーク番組NHK「復活の日〜もしも死んだ人と会えるなら〜」が28日にオンエア。亡き母と1日だけ再会を果たした出川哲朗さんが伝えたかった事が感動を呼びました。

前代未聞のトーク番組「復活の日」

死んだ人が蘇るそんなSFの世界のような話が実現する事になったのが、28日放送の「復活の日〜もしも死んだ人と会えるなら〜」。これは、最新テクノロジーと綿密な取材によってモニター上にゲストが会いたい人を復活させ、そこで会話をしてもらうという前代未聞のトーク番組。

ゲストとして登場したのはお笑い芸人の出川哲朗さんで、出川さんがもう1度会いたい相手は8年前に亡くなった母・泰子さん。最初、スタジオに呼ばれた時、何もない暗い空間にドッキリを疑う出川さんですが、モニターに生前の泰子さんが現れると、思わず「うわぁ…、母ちゃんだ…」と感嘆の声を上げます。泰子さんの姿は髪の毛や皺までリアルに作られたCGでモニターに映し出され、綿密な取材で得た泰子さんのパーソナルデータを元に清水ミチコさんが声を担当。出川さんと会話をして行く形で番組は進行します。

早速、近況を泰子さんが尋ねると、2年前に「胆管炎」にかかった事を伝える出川さん。この時、仕事を空けて周りに迷惑をかけてしまい、健康に気をつけるようになったと母に伝えます。また、この8年間で嬉しかった事として冠番組を持てるようになり、しかも、ゲストで明石家さんまさんが来てくれた事を嬉しそうに泰子さんに語りかけます。

再会した母に出川哲朗が伝えたかった事とは?

番組中に出川さんが涙を流すシーンもありました。内村光良さん南原清隆さんらと劇団を立ち上げた出川さんの公演を観に来ていた泰子さんは、おにぎりを差し入れに楽屋を訪問。用意された、そのおにぎりを食べた瞬間、出川さんは声を詰まらせながら「忘れてたね、食べてたわこれ」と懐かしい味を思い出し両目から光る物が溢れ出ます。

出川さんは、泰子さんに幸せだった?と質問します。これに対して、泰子さんは、「その時は幸せってわからなかったけど、今になって幸せだったと見えてくる」「哲ちゃんが売れるようになって私の誇りになった」と、「抱かれたくない男」殿堂入りから一転、人気者になった出川さんにストレートな言葉で喜びを語りかけます。そして、生前、死期が近いことがばれてしまうため言えなかった「ありがとう」の言葉を泰子さんに伝えます。出川さんは、意識のあるうちに「ありがとう」を伝えられなかった事を後悔していたようで、泰子さんに言いたかった事を伝えられたところで、番組はフィナーレを迎えます。

「復活の日」に感動の声

ネットでは放送を見た人から、「出川の番組、すごくイイ。泣ける。」「私も、お父さんとお母さんに会いたい。泣いて何も話せない。出川さんと同じだ、会ったら有り難うって伝えたい。」などの声があがっていました。他にも、「復活の日 出川のてっちゃんが、亡くなったお母さんと再会する番組泣ける味噌おにぎりとか、おふくろの味出されたら泣く」という意見も。CGの再現力や対話を成立させてしまう取材力も凄く、言葉が率直で嘘がない出川さんが出演されたことも良かったですね。おにぎりなどで出川さんの本音を引き出し、最後に「ありがとう」という言葉を伝えるところまで持って行くところが、視聴者の会いたい人との思い出ともリンクして感動を呼びました。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.