鈴木京香をCDデビューさせた藤井隆が裏側を激白「単なる企画じゃなかったんだ」と賞賛の声『Aスタ』が話題

更新日:

22日放送のTBS系バラエティー番組『A-Studio』に、タレントの藤井隆さんが登場。妻でタレントの乙葉さんとの出会いや女優の鈴木京香さんのプロデュースの裏側を明かし、大きな話題を集めました。

二人のキューピットは関根さん

乙葉さんとの出会いのきっかけは2014年まで放送されていたフジテレビ系『笑っていいとも!』の忘年会とのこと。あまり関わりが無かった乙葉さんを、タレントの関根勤さんが藤井さんのところに呼び寄せ「お話したら?」と2人を引き合わせてくれたそうです。 2人は“奥手”で、その後はお笑いタレントの木村祐一さんなどが間に入ってくれたことで見事ゴールイン。今では芸能界きっての“おしどり夫婦”として有名です。プロポーズが、片膝をついて行うスタイルだったことを番組MCの笑福亭鶴瓶さんに明かされると、恥ずかしさのあまり大爆笑する藤井さん。「海外ドラマで見てて」と映画のようなプロポーズをしたと認め、「照れくさいから…」とロマンチックというよりも照れ隠しだったと当時を回顧していました。 さらに、2人の結婚式には歌手の松任谷由実夫妻や女優の桃井かおりさんなどのそうそうたる顔ぶれが列席し、豪華な披露宴だったことも明かしました。

鈴木さんを鼻歌でプロデュース

藤井さんは、名だたる有名人のプロデュース業も手掛けていますが、昨年の夏に大ファンである女優の鈴木京香さんまでもプロデュースし話題になりました。舞台で共演した際、鈴木さんが平成元年のデビューから今年30周年であるにも関わらず記念グッズもないことから、「何かファンが持って帰れるものが欲しい」と話されたそう。藤井さんは「鼻歌で結構なので、歌っていただけないでしょうか」と鈴木さんにCDデビューを志願したそうです。そして、話をしたその日の夜に吉本興業に企画書を提出した藤井さん。鈴木さんからは、「こういう風に言われることは、なかなかないので、もったいないなと思うので、一言言わせてください。イエス」と快諾が。まさかの展開に藤井さんは「すごい嬉しくて」と感激した様子を露わにしました。当初は「鼻歌」で行こうと決めていたそうですが、出来上がった鼻歌のデモテープを聴いているうちに「歌詞があったほうがいい」と思い直し、鈴木さん本人に「応援している方にお礼の気持ちで書いてみるというのはどうでしょう?」と提案。こうして、藤井隆プロデュース、鈴木京香作詞による3曲入りのシングル『dress-ing』が世に誕生したそうです。

プロデューサーとして開花する藤井さんに賞賛の声

プロデューサーとしての意見を求めた鶴瓶さんは「俺の頭どうしたらいい?」と藤井さんに質問。すかさず「ブローネ(番組スポンサー:花王)で染めるしかないですね」と笑いに変えた藤井さん。ネット上では「藤井隆のプロデュースは知っていたけど単なる企画ではなかったのね」「いろんな才能の持ち主」「イエローッ、ホット、ホットのイメージしかなかったけど、こういう才能もあったんだね!」などの賞賛の声が上がり、お笑い芸人からプロデューサーとしての地位を確立した藤井さんの素顔が伺えた放送となりました。今後、藤井さんが手がけたアーティストが一躍スターとなることを願いたいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.