深田恭子『ルパンの娘』に特撮クラスタが「大歓喜」した理由とは?藤岡弘、居合い斬りも話題

更新日:

7月11日より深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の放送が始まりました。初回では、過去に「仮面ライダー」シリーズに出演した、瀬戸康史さん、藤岡弘、さん、前川泰之さんの共演が特撮ファンの間で話題になりました。

結婚相手は警察官一族だった…華が動揺する理由とは?「ルパンの娘」第1話 あらすじ

図書館勤務の三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)が家族を紹介してくれるというので彼の実家を訪問します。

和馬の両親から認めてもらいたいと思った華でしたが、彼の家族は図書館勤務と聞いて難色を示すことに。それもそのはずで、和馬の一家は代々続く警察官の一族で、結婚相手も警察関係の人を望んでいたのでした。

家族が警察関係者でしかも和馬も警視庁捜査三課と知った華は心の動揺を隠せません。実は、彼女の家族は泥棒を生業とする"Lの一族"だったのです…。

警察官役の瀬戸康史、肉体改造で10kg増量の肉体美

横関大さんの同名小説を原作にした「ルパンの娘」は、代々続く警察一家の青年・桜庭和馬(瀬戸康史)に恋をする、泥棒を家業にする一族の娘・三雲華(深田恭子)の奮闘を描く作品。「ロミオとジュリエット」のような宿敵関係にある家族の息子と娘が恋人になる設定の物語とも言えるかもしれません。

こうした恋愛劇をベースに正体を隠しつつ警察官の和馬が事件を解決に導く華の姿が描かれます。

ドラマ初回で目を引いたのは筋トレで鍛え上げ約10kgの増量をして撮影に臨んだ瀬戸康史さんの肉体美。警察官を演じるための役作りなんですが、スーツの下からでも筋肉が盛り上がりがわかり作品への意気込みを感じせます。

深田恭子演じる華の決め台詞「あんたの犯した罪、悔い改めな!」

ドラマでは格闘シーンもあり瀬戸さんは華麗なアクションを披露しています。共演する深田恭子さんもセクシーな赤い泥棒スーツに顔にはベネチアンマスクというド派手な出で立ちで登場。和馬を敵から救いつつ、悪者には「あんたの犯した罪、悔い改めな!」の決め台詞で正義の鉄槌を下すシーンは痛快そのもの。

深田さんの決め台詞は非常にかっこよくて毎回の楽しみですね。

「仮面ライダー」演じた3人の共演、藤岡弘、は「居合い斬り」披露

ドラマ初回でファンを沸かせたのが「仮面ライダーキバ」の瀬戸さん、「仮面ライダービルド」の前川泰之さん、「仮面ライダー」の藤岡弘、さんという過去に「仮面ライダー」を演じた3人の共演。

初代「仮面ライダー」を演じた藤岡さんは和馬の祖父で「鬼の桜庭」の異名を持つ元敏腕刑事・桜庭和一役で出演。劇中で藤岡さんが「居合い斬り」を披露するシーンは必見です。

また「仮面ライダービルド」で「仮面ライダーエボル」に変身する前川さんは、ネタバレになるので書けないのですが、ラストで意外な形で瀬戸さんと深田さんと絡むシーンがあります。

昭和と平成の『仮面ライダー』共演に特撮ファン「大歓喜」

ネットでは番組を視聴した人からは「ルパンの娘さ、ライダー色強くない?」「『ルパンの娘』第1話、主役ライダー(キバ/瀬戸康史)と名悪役(スターク/前川泰之)とレジェンド(1号/藤岡弘)の共演で特撮クラスタ大歓喜でした」「ルパンの娘に昭和平成ライダーが…なんか感動」「ちょっと待って、藤岡弘、の居合いガチで見せるの。なんなのこのドラマ」などの声が上がりました。

昭和と平成の「仮面ライダー」出演者の共演は特撮ファンが嬉しくなる部分ですね。特に、藤岡さんが「居合い斬り」を見せるシーンは、インパクト絶大でした。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/episode/60299893

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.