flumpool、2017年活動休止に「すぐ転職考えましたよ、マジで」と当時の心境明かす!

更新日:

毎週月曜深夜2時50分から放送の『プレミアMelodiX!』(テレビ東京)。2月17日の放送では、flumpoolが出演。活動休止についてやボーカルの山村隆太さんがDJを務めるラジオ番組について語られました。

■flumpool、2017年活動休止に「すぐ転職考えましたよ、マジで」と当時の心境明かす!

flumpoolはボーカルの山村隆太さんが歌唱時機能性発声障害を発症し、2017年12月から活動休止。歌唱時機能性発声障害とは、声帯に異常がないにも関わらず発生機能に異常をきたす障害です。

2019年1月には、活動再開を果たしましたが、山村さんは、歌唱時機能性発生障害によって、声が出なくなったとき「終わった」と感じたと言います。

続けて、ギターの阪井一生さんは「すぐ転職考えましたよ、マジで」と告白。早々に見切りをつけた阪井さんに、司会の山里亮太さんは「はっっや!」とつっこみ。そして阪井さんは、全く声が出ていない山村さんをみて「一週間後には違う人の曲を書いてましたよ」とすぐさま切り替え、別の仕事に取り掛かったことを明かしました。

■山村、南海キャンディーズ・山里から下ネタの話し方を伝授!?

続けてラジオの話に。ボーカルの山村さんは、一人で大阪のラジオ番組のDJを務めています。

山村さんは、福山雅治さんをお手本に、下ネタなど、TVやライブなどで見せない一面をラジオで出していけたらと思っていると言います。

ラジオの醍醐味を心得ている山村さんですが、flumpoolのメンバーからはダメ出しが。というのも、阪井さん曰く、山村さんは、そのラジオの1時間、ずっと真面目なことしか言わないそうで「聴いていても全然面白くないんですよ」とバッサリ。

さらにベースの尼川元気さんは山村さんが月9のドラマに出演していたこともあげ、「出来ないことを引き受けちゃう癖がある」と強烈なダメ出し。これにスタジオは大爆笑。

そんな山村さんを見守れないという尼川さんに、山里さんは「照れちゃうのもあるですかね?」とフォローするも、「出来ないのわかってるんで」と滅多切りにしました。

その後、ラジオ番組のパーソナリティーとしても人気を博している山里さんに下ネタの使い方を伝授してもらおうとするも、山里さんがラジオで話しているような下ネタを山村さんが話したらの山村さんのファンは引いてしまうと予想。

最終的にこれまでずっと黙っていた、しずちゃんこと、山崎静代さんが「自然でいいよ」と優しく助言。山里さんが「やっと喋った!」と驚いたところで、この話は終了しました。

■山村の下ネタにファンは「出さなくても大丈夫」と冷静な反応

番組を観ていた視聴者はネット上で「久しぶりにテレビでflumpool見れて嬉しい!」「隆太さん、ラジオ下ネタ出さなくても大丈夫だと思います…(笑)」「トーク楽しかった!山村さん相変わらずかっこよかった!」と反応。

ラジオDJで、いつものイメージとは違った一面でギャップを出そうと模索する山村さんが面白かったのではないでしょうか。

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.