【驚愕】アインシュタイン河井、相方稲田との"格差"を暴露!「正直分からなったです」披露されたCMには…

投稿日:2021/06/04 14:41 更新日:

6月3日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では「じゃない方芸人2021」と題した企画を放送。アインシュタイン稲田直樹さんの相方・河井ゆずるさんが「じゃない方芸人」ならではの悲哀を語り話題を集めした。

(画像:時事通信フォト)

■アインシュタイン河井、ショックを受けた出来事を明かす

今回は恒例企画の「じゃない方芸人2021」を放送。オープニングでアインシュタイン・河井ゆずるさんは「アインシュタインの稲田(直樹)じゃない方河井ゆずるです。お願いいたします」と明るく自己紹介します。

そんな河井さんは「まぁ、たまにですけど楽屋が別の時があるじゃないですか。コンビで。『本番5分前です。 スタジオの方へご移動お願いします』って、スタッフさんが順番にこの 楽屋の扉を開けてきてて。で、僕の扉開けて『本番5分前になります。河… あっすみません。おられませんですか?』って言われたんですよ。僕の顔見て」とコメント。

続けて、河井さんは「で『いやあの僕がアインシュタインの河井です』って言うのも恥ずかしかったから『あっ本人に言うときます』って言ったのがすごい悲しかったです。めっちゃ悲しかったですね」とスタッフに顔を覚えてもらえず、ショックを受けたと言います。

■【驚愕】アインシュタイン河井、相方稲田との"格差"を暴露!「正直分からなったです」披露されたCMには…

また、別の場面で司会の雨上がり決死隊・蛍原徹さんが「さぁ『ここがつらいよ』ゆずるどう?」と話を振ると、河井さんは「初めてCMに出させていただいたんですよ。コンビで。しかも広瀬アリスさんと」と広瀬さんと共演した「まんが王国」のCMの話題を出しました。

このCMで稲田さんは怪人から広瀬さんを守るマンガオウコクダーとして登場。VTRでこのCMを流すと、稲田さんはヒーロー役だったことからすぐに誰だか分かる演出となっていましたが、河井さんがどの役で出ているのか全く分からず、共演者もきょとんとした表情を浮かべます。

さらに、河井さんは「完成披露会みたいなのがあったんですよ。CMの。で、今のが流れたんですよ。僕でも正直分からなったです」と自虐交じりに語り、笑いを誘いました。

ちなみに、河井さんはCMの中でオブジェクトのように置かれた青色のドラム缶役で出演。ドアップでドラム缶が映ったところで、河井さんの存在に気づいた共演者は驚きの声をあげます。

続けて、河井さんは「これ家から2時間タクシー乗って行ったんですよ!朝5時にタクシー乗って」と話すと、マヂカルラブリー・村上さんは「あれ歯 見せてくれてなかったら分かんないですよ。白がないと」と指摘します。

すると、河井さんは「だから最初は歯も見せてなくて多分 スタッフさんがこれはマジで分からんなってなって『河井さんちょっと笑ってみましょうか』って言って。笑って『じゃOKです』ってこれでOKになったんですよ」と撮影の裏話を明かしました。

■アインシュタイン河井のドラム缶エピソードに反響

今回の放送について、ネット上では「ゆずるさんドラム缶wwwこれはひどいwww」「ゆずるさんドラム缶でいたんや(笑)初めて知った」「アリスちゃんとアインシュタインのCMゆずるさんドラム缶で出てたの、稲ちゃんしか気づかなかった。てかあんな感じでの出演はやばいびっくりしたぁ」などのコメントが上がっています。

「まんが王国」のCMで、河井さんがドラム缶を演じていたとは分からなかったという視聴者が多かったようです。それでも、「アメトーーク!」でこのエピソードを話したことで確実に爪痕は残せたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.