松本人志、キングコング西野に「M-1出た時は全然おもんなかった」まさかの酷評に藤本敏史「まぁ今もね」

投稿日:2020/12/11 18:18 更新日:

ダウンタウンの浜田雅功さんと松本人志さんがMCを務める毎週木曜日22時から放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)。12月10日の放送では、キングコング西野亮廣さんが松本さんとFUJIWARA藤本敏史さんに、とことんいじられる場面がありました。

(画像:時事)

■松本人志、キングコング西野に「M-1出た時は全然おもんなかった」まさかの酷評に藤本敏史「まぁ今もね」

番組では、ゲストで登場したキングコング西野さんが制作総指揮・原作・脚本を務めた『映画えんとつ町のプペル』の話題へ。

クラウドファンディングやオンラインサロンなど様々な活動を行っていることで知られる西野さん。この映画のチケットを全国の子供たちにプレゼントするという企画のクラウドファンディングを行ったそうで、集まった金額を「3回くらいやったんですけど、3回で1億ちょっとくらい」と明かします。

この金額にスタジオから驚きの声が上がる中、さらに西野さんは1億円集まったことに対する感謝キャンペーンとして、自腹で1億4000万円分のチケットをプレゼントする企画も行ったことも告白。再びスタジオからは驚きの声が上がります。

そんな中、松本さんは西野さんを「金めちゃくちゃ持ってるもん」と煽るも、続けて「M-1出た時、全然おもんなかった」とコメント。

このまさかの酷評に、藤本さんも「まぁ今もね」とすかさずのっかり、スタジオからは笑いが起こりました。

■松本人志、キングコング西野の説明を聞かず話の腰を折る?

その後、西野さんが全国を回ってクラウドファンディングの支援者たちと飲み会や撮影会をやっているという話題へ。

西野さんが「要は、クラウドファンディングのリターンで、撮影会だとか…」と説明しようとすると、藤本さんは「クラウドファンディング好きやなぁ」とつっかかります。

すると松本さんも「もう何回も言ってるよね」と便乗。この事あるごとにいじられる状況に西野さんは「ちょっと本当に敵が多すぎる」と困惑しつつも「そのリターンで写真撮影したりだとかジョギングとしたりだとか…」と改めて説明しようとします。

しかし、間髪入れずに「前室にクラウドファンディング落ちてたで」と言って、話の腰を折る松本さん。藤本さんも「誰かに…誰かにとられるで」とのっかります。

この発言に西野さんは「クラウドファンディングは取りに行かない!何故ならクラウドファンディングは物じゃないから!サービス!システムなの」と必死に訂正。こんな風に、西野さんが松本さんと藤本さんからとことんいじられるくだりが番組を盛り上げていました。

■四面楚歌なキングコング西野にネット上では「笑い死んでる」の声

西野さんがいじられるくだりに、ネット上では「西野さんへの畳み掛けwww」「西野氏、四面楚歌www」「神回だった。涙目になるくらい面白かった」「最高におもしろすぎて笑い死んでる」「まっちゃんとフジモンにめっちゃいじられキャラてるわwww」などと反応があがっていました。

松本さんと藤本さんから、とことんいじられていた西野さん。松本さんと藤本さんのイジリ方もさすがでしたが、西野さんの勢いある返しもまた面白く、声に出して笑ってしまった方が多かったのではないでしょうか。

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.