ラーメン屋のBGMに合わせて本人登場「入場曲やん」堂本剛のエピソードにファン悶える

更新日:

毎週土曜日bayfmで22時から放送されている「堂本剛とFashion&Music Book」。今回放送のメールテーマは「剛曲、こんなところで使われてました・使いました」。ふとした時に剛さんの曲やお気に入りのアーティストの曲が流れてきて、思わず集中してしまうことってありますよね。今回はそんなふとした時のエピソードが紹介されたのですが、剛さんのエピソードが「かわいい」と話題になっています。

「入場曲やん」「替え玉頼まれへん…」自分の楽曲にラーメン屋で遭遇

まずは剛さんのインスト曲「END RE CHERI」(アルバムHYBRID FUNKの1曲目に収録)がテレビ朝日で放送中の「やべっちF.C.」内のサッカー映像のBGMで流れていましたという情報が。剛さん曰く、サッカーは詳しくないとのことで「なんで使われたんですかね?」とそのいきさつに興味津々。同じように関西ローカルの番組でもちょこちょこと使われているということで、どちらもスタッフさんの中にファンの方がいるのでは?と推測されていました。剛さん自身は、なかなかテレビ画面で自分自身に遭遇することはないそうです。その代わり、コンビニやラーメン屋さんなどで時々自分の曲がかかったりするとのこと。そんな状況に剛さんは「めっちゃ恥ずかしい。うそやろ…って。わざとかな?いやでも気づいてないよな?」と内心ドキドキの様子で「替え玉頼まれへん」と思ってしまうそう。さらに、来店時にかかっているのはもっと恥ずかしいそうで、「入場曲やん。それで気づかれたらもっと恥ずかしい」とのこと。曲がかかったこと自体はありがたい話だとは感じつつも、どうしてもそこは恥ずかしさが勝ってしまうそうです。そんな剛さんのエピソードにネットでは「ラーメン屋で自分の曲かかると替え玉躊躇うとか可愛い」、「剛くんの曲がかかってるラーメン屋さん行きたい」などの声があがり、ファンは盛り上がっていました。

「最高の誉め言葉!」大興奮のこどもたちに大喜び

また、とってもかわいいエピソードとして、学校の先生からのメッセージが紹介されました。剛さんの楽曲に「funky レジ袋」という曲がありますが、この曲をこどもたちに聞かせたところ、かなりの食いつきで「なんだこの曲〜!」と大興奮したそう。一人が鼻歌で歌うとみんなで大合唱になるほど、こどもたちが気に入ったそうです。歯磨きの曲にしてというリクエストがあり、今では毎日ノリノリで歯磨きのBGMとしてファンキーな歯磨きタイムを送っているとのこと。子どもが好きな剛さんは、「見てみたいなぁ!」とこの報告にとてもうれしそう。曲中の歌詞に「シャカシャカ」というのがあり、実際はレジ袋のこすれる音からとったものですが、子どもたちにとっては歯磨きにぴったりの曲となったようです。「なんだこの曲〜!っていうリアクションもいいですね。最高の誉め言葉じゃないですか。ファンクのノリ方としては大正解!」と、剛さんもとても楽しそうでした。ファンも「子どもたち、かわいいねぇ」、「funkyレジ袋で子ども達が歯磨きシャカシャカめっちゃ和む〜」とかわいい話題にほっこりした様子でした。

1日限定・東大寺奉納ライブがリリース

番組の最後には、先日発表された東大寺奉納ライブのリリースのお知らせが剛さんからありました。とても想いのこもったこのライブ、たった一日ということもあり限られた人しか見ることが出来なかったと思いますが、4月10日(水)の剛さんの40歳の誕生日にリリースされます。剛さんの魅力に触れたい方もぜひ手に取ってみてくださいね。また、新たにライブ情報も発表されました。これからの活躍も楽しみですね!今回の放送もタイムフリーで楽しむことが出来ます。ぜひチェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20190309220000
(文:KinKiKidsライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.