伊藤健太郎が"チビ武志"こと中須翔真に嫉妬?その理由が「可愛いすぎ」と話題! #土曜スタジオパーク

更新日:

2月29日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に、俳優の伊藤健太郎さんが出演。伊藤さんが連続テレビ小説「スカーレット」(NHK総合)での裏話を明かし、話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

■伊藤が"チビ武志"こと中須に嫉妬?

朝ドラ「スカーレット」の総集編が放送された今回は、ゲストとして同作で川原武志を演じる伊藤さんが出演。

朝ドラ初出演という伊藤さんに、「他のドラマとの違い」について質問が。

伊藤さんは、「カメラの台数が多いこと。映画を撮っている時でも通常はカメラは1台で、多くて2台とかなんだけど、朝ドラって5台くらいあるんですよ」と、映画と比べてもカメラが多いことを指摘します。

「現場ではすごい囲まれている感じがあり、何回も何回もやる必要がないんで、新鮮な気持ちでずっと出来るっていうのがありがたい」と、驚きと利点を明かしました。

劇中で演じる武志が陶芸家を志すこともあり、伊藤さんは役作りとして陶芸の練習を重ねて撮影に臨んだそう。

伊藤さんは陶芸で難しかったことについて、「土によってやり方が違う、信楽焼の土って結構ザラザラしてるので、いつも通りやってると若干手が痛かったりする。そこは、触った感じが違うので難しいという印象があった」とコメント。

他にも伊藤さんは、撮影現場で子役時代の武志を演じた中須翔真くんがスタジオにやって来た時、両親を演じる戸田恵梨香さんと松下洸平さんの表情が変わった時は、軽い嫉妬を覚えたとか。

それでも、松下さんとは演技のことなど相談にのってもらうこともあり、出演者の中でも特に親しく接しているとのことでした。

■伊藤の嫉妬の理由が「可愛いすぎ」と話題!

「スカーレット」では、出演者がアドリブを行う場面もあり、そのことについて質問された伊藤さん。

「現場で鍛えられているつもりではいたんですけど……。『スカーレット』では改めて鍛えられるというか、カットがかからないのでその間、ずっとやるのは楽しいですけど、そればっか考えてたまに台詞飛んだりする」のだそう。

また、「今だから言えることは?」と尋ねられた伊藤さんは、大事な場面の撮影が始まる直前まで眠っていたことがあったことを明かします。

その時を振り返り、伊藤さんは「シーンとしては成立していたけど、数秒前まで寝ていた」と、多忙で疲れがたまりギリギリまで眠ってしまったとのことでした。

伊藤さんが出演した番組にはネット上で、「チビ武志に嫉妬?可愛いからなぁ、仕方ないね嬉し泣き 」「チビ武志に嫉妬して、お兄ちゃんなんだからと、ななみちゃんに諭される笑」「チビ武志に嫉妬とか可愛すぎか」などのコメントが上がっています。

伊藤さんは途中からドラマに出演していることもあり、"チビ武志"こと中須翔真くんに軽く嫉妬を覚えた話す場面は人間味があって可愛かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.