『ディーン・タピオカ』爆誕?ディーン・フジオカが考えるタピオカ店が具体的すぎて開業してほしいレベル

更新日:

9月11日放送のバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にディーン・フジオカさんが出演。タピオカブームに物申したものの、タピオカ屋さんの経営に興味を持つ姿が、「面白くてカッコいい」と話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

ディーン・フジオカ、タピオカ人気に物申す

11日の放送は、「いま評論家に一番聞きたいこと」の企画。9月13日公開の映画「記憶にございません!」に出演の、中井貴一さん、木村佳乃さん、ディーン・フジオカさんが、評論家の先生方に、悩みを打ち明けます。

ディーンさんが評論家の先生に、一番聞きたいことは、「タピオカ買っておけばいいんじゃないかみたいな風潮、何とかなりませんか?」というもの。

ディーンさんは、学生時代にタピオカを飲んでおり、タピオカで1食を済ませることもあったそう。しかし、その時から20年たち、今更タピオカを飲む気になれないとのこと。

また、ディーンさんがスタッフに、「あのお茶屋さんが好き」と話すと、スタッフが気を使って、そこのお茶屋さんの商品を、何十個も差し入れしてくれるらしいのですが、全てタピオカなのが、ネックとなっていると打ち明けました。

ディーン・フジオカ「『ディーン・タピオカ』みたいな?」

マーケティング評論家の牛窪恵先生が、「タピオカブームは2年続くので、2年我慢してください」と断言。スイーツブームは2,3年で終わるのが定説とし、タピオカブームを牽引しているのは、出前の増加であると言います。

タピオカの出前は、前年比38倍に上るらしく、家で見るオリンピックの時期までは、ブームが続くと予想。ディーンさんは、「今お話し聞いてると、我慢て言うよりも、自分で店出した方がいいんじゃないかって、そういう感じじゃなかったですか?」と深読みします。

ブラックマヨネーズ・小杉竜一さんがそれに乗っかり、「ディーンさんが出したタピオカ屋めちゃくちゃ流行りそうですね」と素直な意見を言うと、みんな賛同します。

さんまさんが、「ディーンさん出したら?2年、大儲けできるらしいですよ?」と軽い気持ちで言うと、ディーンさんは、「『ディーン・タピオカ』みたいな?」とナイスなネーミングセンスを見せ、スタジオは大盛り上がりしました。

ディーン・フジオカ、タピオカ店を具体的に想像

次に最新ライフスタイル評論家のくどうみやこ先生が、タピオカドリンクの次に流行るのが、わらび餅ドリンクであると予想。しかも、自家製のわらび餅ドリンクが話題だと話し、みんなで、自家製わらび餅ドリンクを試食します。

木村さんが「ゼリーみたい」と感想を言うと、中井さんは、「甘味がこっちの方がある」と好評。くどう先生は、タピオカを飲むことを「タピる」や「タピった」と言うように、わらび餅ドリンクを飲むことを「わらびる」「わらびった」と言う、と最新事情に触れます。

すかさず、さんまさんが、「『#ディーン・タピオカ #わらびった』すごいよ!」と合わせ技を決めます。くどう先生が、「わらび餅ドリンクは幅広い世代に愛されている」という話をすると、ディーンさんが「僕が店やるとしたら、ストローはプラスチックじゃない方が」と、ノリで話したタピオカ店経営が、実現した上での想像をふくらませます。

小杉さんが「(タピオカ店経営が)具体的になってきてるよ!」とツッコみ、スタジオは笑いに包まれました。

ネットでは、「ディーンタピオカ飲みたい。どこにありますか?」「個人的にディーンアンドデルーカとコラボしてディーンタピオカ出して欲しい」「おディーンさま、本気になってきてる」と、「ディーン・タピオカ」を真剣に考えるディーンさんに、実現を希望する声が上がっていました。ここまで具体的に提案があると、開業してほしいと考える人も多かったようですね。

次回は、ロバート・馬場裕之さんの、みそ汁クッキングが見られると言う事で、こちらも楽しみですね。

(文:ミントフレーバー)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.