東京03・飯塚悟志『一撃で涙出てきた』アンタッチャブル復活の感動を綴る! #脱力タイムズ

更新日:

11月29日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・アンタッチャブルが約10年ぶりに漫才を披露。その姿に、アンタッチャブルへの熱い想いを語っていた東京03・飯塚悟志さんがTwitterで感動を綴り、話題を集めています。


(画像:時事)

構成作家が明かすアンタッチャブル復活のサプライズとは?

この日のゲスト・新木優子さんからの、「アンタッチャブルさんが好きで。最近、アンタッチャブルさんの漫才を見る機会が少なくって残念。せっかくだから見たい」という前振りから始まった、アンタッチャブルの復活劇。

これまで、アンタッチャブル・柴田英嗣さんが出演した回では、同じような流れでフォーリンラブ・バービーさん、ハリウッドザコシショウさん、コウメ太夫さんが、”ザキヤマ”こと山崎弘也さんに扮して登場。

柴田さんは、無茶振りでコンビを組んだこともない相手と漫才をやらされる、というのが定番でした。

しかし、この日に限ってはくりぃむしちゅー・有田哲平さんは、「本物のザキヤマさんをお呼びした」と強調。

本当に山崎さんが登場するかと思いきや、やってきたのは山崎さんに扮した俳優・小手伸也さん。

見た目が「今までで一番似てる」と言われた小手さんですが、漫才は素人ということで、上手くできずに、有田さんに叱られる形でセットの外へと戻っていきます。

有田さんが「言い過ぎた」と、もう一度やってもらうために小手さんを呼びに行くと、やって来たのは、まさかの山崎さん本人。

相方の姿を見た柴田さんは、「うわぁー!」と叫び、センターマイクを掴んだまま、後ろにばったりと倒れます。

そして顔を赤くし、「ダメだってお前! バカ! 違うって! マジで!?」と、驚きのあまり絶叫。

しかし、「この番組でやんの!?」と、本当に漫才ができることを確認した柴田さんは、「よっしゃ!」とジャケットを脱いで気合いを入れ、山崎さんと久しぶりの漫才を披露しました。

柴田さん本人に知らされていなかった、ドラマチックな展開ですが、実は、前振りをした新木さんも含め、共演者も知らなかったことがカットがかかった後の映像で明らかに。

さらには、番組の構成作家・寺田智和さんも番組放送後、「台本を書いてる我々作家も知らされてなかった」とツイート。

また、10年ぶりのアンタッチャブル復活というインパクトのある話題にも関わらず、そういった番宣もされていなかったため、視聴者にとっても驚きの展開となりました。

そんな相方、共演者、スタッフ、視聴者すべてを騙した、サプライズの仕掛け人のひとりでもあった小手さんが、ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)で詐欺師を演じていた、というのも仕掛けのひとつだったのかもしれません。

東京03飯塚悟志がアンタッチャブル復活の感動を綴る

放送後すぐ話題となったアンタッチャブル復活ですが、このニュースに反応したのが、東京03・飯塚悟志さん。「朝起きてアンタッチャブルの動画見ようとしたら一撃で涙出てきたから帰ってからゆっくりみよう。。」と、自身のTwitterにその感動を綴りました。

飯塚さんは過去に「ゴッドタン」(テレビ東京)に出演した際に、事務所の後輩であるアンタッチャブルの漫才に感銘を受けたことを告白。

しかし、柴田さんのスキャンダルもあり、コンビとしての活動がなくなっていたことについて、飯塚さんは柴田さんに直接、「お前、何やってんだよ、バカじゃねぇの、アンタッチャブルは俺の夢だったんだよ!! ふざけんなよ……」と、熱い想いをぶつけていました。

ネット上では、「飯塚さんアンタッチャブルの漫才見たら泣くだろうなあってみんな言ってたけど再生した時点で泣いちゃったからまた後で見ますという流石感」「飯塚さんも良かったな またアンタッチャブルの漫才が観れるぞ」「昨日アンタッチャブルのニュースが駆け巡ったとき、結構な人が飯塚さん泣いちゃうんじゃないかこれって心配しててほっこりしたのだ。案の定泣いてて安心した」などのコメントが上がっています。

これまでの経緯も含めて、アンタッチャブルは最高の舞台での復活となったのではないでしょうか。さっそく、12月8日放送の「THE MANZAI 2019」(フジテレビ系)での新作漫才披露も決定しており、これからまた、アンタッチャブルの漫才が見られることでしょう。

番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0042838

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.