アイドル沼にハマるOL『だから私は推しました』に"めちゃめちゃ面白い"の声!桜井ユキ主演NHKよるドラが話題

更新日:

桜井ユキさん主演のドラマ「だから私は推しました」(NHK)の放送が7月27日から始まりました。初回の放送では、あることがきっかけで地下アイドルにハマる桜井さん演じるOLの姿が話題を集めました。

「だから私は推しました」第1話あらすじ

リア充に見られたいアラサーOLの遠藤愛(桜井ユキ)は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で、日々ちょっとした見栄を張る生活を送ってきました。

そんな愛には結婚を意識していた彼氏がいますが、彼からある日、呼び出しがかかると伝えられたのは「別れてください」という言葉。

理由を聞くと、彼氏は愛がSNSにアップした写真を見せて、「俺、お前の『いいね!』の道具じゃないから」と、彼女の見栄を張った生活に手厳しい言葉を浴びせ、そのまま立ち去ります。

彼氏に捨てられ、失意の愛はケータイを落としています。幸いにも、拾ってくれた相手と連絡がつき、待ち合わせしたライブハウスへ向かうと、そこで、愛は歌もダンスも下手な地下アイドル・栗本ハナ(白石聖)に出会うことに…。

桜井ユキのリアルな演技が光る

ドラマ初回で印象深いのが主人公・遠藤愛を演じる桜井ユキさんの演技。

SNS映え競争に負けないため、無理をしているOLの切ない表情や、会話の時の間の取り方など、桜井さんの演技は非常にリアル。

また、影のある雰囲気を持つ女優さんということもあってか、彼氏にフラれてやさぐれるシーンの演技も生々しかったりします。

歌も踊りも冴えない地下アイドル・栗本ハナ(白石聖)と出会った愛は、自分の体験をハナと重ね合わせてアイドル沼にはまっていくことになりますが、そうした愛を桜井さんがどのように演じるかに注目が集まります。

劇中登場のアイドルグループ・サニーサイドアップのキャスティングと楽曲にも期待

愛がハマることになる地下アイドルグループとして劇中に登場するのが「サニーサイドアップ」。「サニーサイドアップ」のメンバー構成は、栗本ハナ(白石聖)、原花梨(松田るか)、那須凛怜(田中珠里)、麦田詩織(松川星)、玉路紀子(天木じゅん)。

12代目「ゼクシィガール」として注目される白石聖さん、そして、「仮面ライダーエグゼイド」のヒロイン・仮野明日那を演じた松田るかさんという注目の若手女優がキャスティングに名前を連ねています。

また、アイドル経験のある田中珠里さんと天木じゅんさんがいることもあり、ルックスだけでなく踊りも期待が持てます。

劇中の楽曲を担当するのは蔡忠浩(bonobos)さん。オリジナル曲「おちゃのこサニサイ」のミュージックビデオがSNS上でも公開されています。

主人公・愛の推しメンになるハナは、歌も踊りもダメでしかもトークも下手でダメダメなアイドル。そんなハナの人生が愛と出会うことでどのように変わるのかが今後のストーリーの注目点ですね。

「だから私は推しました」に"面白い"の声

ネットでは、放送を見た人から、「すごく面白いドラマでオススメ」「地下アイドルと女オタのお話ですがちょっとミステリアス要素もあって面白いですよ」「めちゃめちゃ面白いし実際のライブハウス出てくんのすごい」などの声があがっていました。

地下アイドルに沼にハマったOLがある事件を起こし、それを回想していくのがドラマの基本的な構成。初回は、アイドル沼にハマる様子が描かれたのですが、ライブのシーンが本格的で、映像面の素晴らしさにも惹かれた人は多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.