DAIGO×TERUの濃厚トーク「仲間と出会えたことが一番の宝」お茶目なTERU語録も新たに炸裂!?

更新日:

10月25日放送のニコニコ生放送「【 DAIGO P 】~DAIGOがアナタのおもちゃ!!!~」に、GLAYのTERUさんがゲスト出演。最近ハマっていることや、GLAYメンバーへの想いなど、濃厚なトークが展開されました。


(画像:時事通信フォト)

聴く『HOWEVER』はそろそろ卒業

番組はじめは、「DAIGOとTERUさんの1ヶ月」と題し、最近の出来事を写真で振り返る企画コーナー。

まずは、GLAY史上初となった韓国・ソウル公演にちなんだ1枚。

2段重ねケーキをモチーフに、上の段にはメンバー4人のフィギュア、下の段にはGLAYマスコットキャラクターのズラーを添えた、記念モニュメントの写真が披露されました。

韓国公演はこれまで実現していなかったため、ライブ当日はファンの25年の想いが爆発するくらい盛り上がったとのこと。

日本ではじっくり聴き入るファンが多い大ヒット曲『HOWEVER』を、韓国のファンは逆に大合唱し、TERUさんは「一緒に歌いたかったんですよ!という想いをひしひしと感じた」と振り返りました。

DAIGOさんは、TERUさんの歌声で聴きたいのも、一緒に歌いたいのもわかると大いに共感。歌う時は、「2サビの『ウーウーウー』を……」とメロディを口ずさむと、TERUさんは「コーラスの方ね(笑)」と大笑い。

続けて、DAIGOさんが「日本の皆さんも一緒に歌っても……?」と尋ねると、TERUさんは「もういいんじゃないかな。25年も経ってりゃね。聴く『HOWEVER』はそろそろ卒業して、一緒に歌う『HOWEVER』をね」と、ライブの新しい楽しみ方を提案。

さらに、「俺も楽になるんじゃないかな! 一番(声の)高いところで……カモーン!」と客席にマイクを向けて煽る素ぶりを見せると、DAIGOさんは「そこ、一番聴きたいシーンでもあるんですけどね!」と、TERUさんの歌声を愛するからこその悩ましさを滲ませました。

視聴者からは「聴きたい 歌いたい!!」「泣いて歌えない!」「TERUさんに見惚れちゃうからなぁ〜」など、名曲への思い思いの反応が寄せられました。

一方、DAIGOさんは、フランスの凱旋門前で撮った自身の写真を披露。両腕を広げる”TERUさんポーズ”を決めたショットで、GLAY愛をアピールしました。

TERU語録に新たなワードが加わる!?

ユーザーからトークテーマを募集した企画コーナー「ROCK BOX」では、笑いあり真面目な話ありのトークとなりました。

テーマが「趣味やハマっていること」の時には、かねてより天然な発言が話題になるTERUさんから、安定の”TERU語録”が飛び出します。

TERUさんは高校時代はサッカー部に所属し、メンバーのJIROさんともフットサルチームを作るなど自他共に認めるスポーツ好き。この日は長年ハマっているという「フットサル」を「フットボール」と間違えてしまします。

自分の好きなスポーツの名前はフットボールなのか、フットサルなのか、と、混乱するTERUさんに、DAIGOさんは「フットボールはちょっと違うスポーツで……」と突っ込みを入れつつ、大笑い。

さらに、ラクビーワールドカップ2019日本大会で、相手からボールを奪うポジション「ジャッカル」の技を覚えたとウキウキの表情で語るTERUさん。

DAIGOさんがどこでその技を使うのか、と問うと、「誰かがご飯を食べている時に、それ一切れちょうだい!って……」と、TERUさんらしいお茶目な答えで切り返し。

視聴者からは「天然TERUさん」「天然、炸裂!」「TERU語録満載!!」と歓喜の突っ込みが入りました。25周年を迎えた今年、TERU語録に新たなワードが加わったようです。

コーナーの最後は、「若い時はライバルに嫉妬心を燃やしたりしましたか?」という確信に迫ったテーマ。

TERUさんは「GLAYがいろんな方たちに応援してもらえるようになったのもライバルがいたから。L'Arc~en~CielとGLAYの2バンドがバリバリぶつかりながら、どんどん上がっていくという構図があって。そういう時代があったからこそ、ここまで切磋琢磨し合っていけたのかなと思います」と、ライバルと共に駆け抜けた時代をしみじみと振り返りました。

当時、高校生でドンピシャ世代だったというDAIGOさんは、「あの時はバンドしている人がGLAY派、ラルク派に分かれたのではなく、日本中がそうだった。GLAYがCD2枚出すと、ラルクは3枚出したり……」と、両者の熱い闘いを懐かしみました。

視聴者の皆さんは、「私はGLAY派で友達はラルク派」「どっちも好き」「TERU派」「いい時代だったな」「いい話でした!」など、青春時代を思い出す人も多かったようです。

L'Arc〜en〜Cielのボーカル・hydeさんとTERUさんは、当時から一緒に食事に行くなど仲が良く、DAIGOさんの結婚披露宴では2人のツインボーカルで熱唱したエピソードもあります。

これからも共に日本のロックシーンを熱く引っ張って欲しいと願う方も多いのではないでしょうか。

GLAYは大事なものだから壊したくない

番組では、GLAYのニューアルバム「NO DEMOCRACY」にも収録されている、TERUさん作詞・作曲の『COLORS』をピックアップ。父と子の関係性を絶妙に表現した印象的な1曲です。

TERUさんは、「GLAYは昭和の終わりに結成されて、平成を丸々活動してきた。平成時代で得た『これだ!』と思える音楽や、周りの友達や家族から受けた言葉を、令和の次なる世代の人たちに、今はこういう時代なんだよというメッセージを伝えていきたい」と、アルバムの成り立ちを紹介。

DAIGOさんが「ファルセットが多めに使われている」とボーカルならではの感想を述べると、TERUさんは「GLAYのサウンドは熱量のこもった音楽がスタンダードで。もっと違うGLAYの側面を見てもらえるようにとファルセットを使ってみたら、すごくしっくりくるものが増えてきた」と、新しい音楽を追求し続ける姿を見せました。

結成から25年を迎えたGLAYのメンバーとは、今も楽しい話が尽きないというTERUさん。

「人生の中でそういう仲間と出会えたことが一番の宝。大事なものなので、壊したくないからお互いに続けられるように努力していると思う」と、メンバーの仲の良さがGLAYを支え続けていることを明かしました。

GLAYのライブは愛や優しさがあり、幸せな気持ちになれるとファンの間では言われています。GLAYから生まれる温かな音楽はこれからもファンを楽しませてくれるのではないでしょうか。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.