金遣いが荒くなった"おかずクラブ"ゆいP 高額ハープで奏でた曲が「センスある」と話題に 作曲者も反応

更新日:

4月25日放送の「ダウンタウンDX」では、「M-1」王者の霜降り明星など今を時めく若手芸人10組が登場。その中でも、275万円のハープを購入したおかずクラブのゆいPさんの選曲がゲームファンから熱視線を集める事になりました。

売れてお金遣いが荒くなったおかずクラブ

今が旬な若手芸人が勢ぞろいした25日放送の「ダウンタウンDX」。テレビ出演が増え売れてくると、売れない時代とは金銭感覚など色々と違ってくるもの。お笑いコンビ・おかずクラブの2人もその例にもれず、売れた事でランチで1人1万円ずつ使うなどお金遣いが荒くなった事を明かします。

また、美容にお金をかけられるようになったオカリナさんが、年間53万円かけて「シミを取っている」事をゆいPさんがカミングアウト。オカリナさんによると基礎化粧品に色々手を出して見たものの、最後はやっぱり「医療に落ち着いて…」とコメント。美容にお金をかけたオカリナさんの1番大きな変化は、目の下にあったちょっと大きめのホクロをレーザーで取ったことだそう。

番組では、ホクロの有無のビフォーアフターの写真が公開され、スタジオから驚きの声が漏れます。ちなみに、ホクロの除去費用は「5,000円」だったそうです。

275万円のハープを購入したゆいPの選曲に注目が集まる

オカリナさんが美容にお金をかける一方で、相方のゆいPさんは「この度、ハープをはじめまして」と、275万円のハープを購入した事を明かします。

色々見る中で特に音が良かったとゆいPさんが語るこのハープ、値段もビックリですが、高さ180cm、重さ40kgとサイズもビッグ。今年から習い始めたというハープを実際に弾く様子をゆいPさんはVTRで紹介します。

この時の選曲が、「クロノ・トリガー」の「風の憧憬」。「週刊ファミ通」が選んだ“平成のゲーム 最高の1本”の第1位にも選ばれた名作RPGの「クロノ・トリガー」は、光田康典さんが手掛けた楽曲の数々も傑作として人気。中でも名曲として名高い「風の憧憬」を選んでハープで奏でるゆいPさんの姿に光田さんもツイッターにコメントを寄せるなど反響を呼びました。

「風の憧憬」をハープで弾くゆいPがSNSでも話題

ネットでは、放送を見た人から、「ハープで『風の憧憬』弾くなんてめちゃくちゃセンスあるやんゆいP(好感度上がった)」「ゆいPがハープ始めたって言って演奏してた曲が『風の憧憬』でかなりよかった」「おかずクラブのゆいPがハープで『風の憧憬』演奏してたの感動した」などの声があがっていました。

習い始めたばかりのハープで「風の憧憬」を選ぶゆいPさんのセンスはやっぱり最高ですね。また、何気なく見ていたテレビで「風の憧憬」の美しい旋律が流れると、感情を揺さぶられるものがありました。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.