“BTSの原爆Tシャツ問題”に茂木健一郎氏が独自の見解を示し賛否両論に!

更新日:

韓国のヒップホップグループ・BTS (防弾少年団) が、11月9日に出演予定だった「ミュージックステーション」の出演をキャンセルしたことが発表され話題になっていますが、これに対しての脳科学者の茂木健一郎さんが独自の見解をTwitterで発表して話題を集めています。

BTS (防弾少年団) が「Mステ」出演を直前キャンセル

世界的な人気を誇る韓国の7人組ヒップホップグループ・BTS (防弾少年団) 。日本でも人気のBTS (防弾少年団)ですが、過去にメンバーのジミンが着たTシャツが問題になり批判が起きていました。問題のTシャツは、「ourhistory」というブランドの商品で、Tシャツの裏に原爆のキノコ雲の写真と、万歳をする人々が写っている写真がプリントされたデザインのもの。こうした、原爆の写真に加えて、「patriotism(愛国心) our history(私たちの歴史) liberation(解放) korea(韓国)」英語のメッセージもあった事で、より批判される形になりました。そうした中、11月9日に出演予定だった「ミュージックステーション」に、BTS (防弾少年団)が出演するのか注目が集まっていました。最終的に、直前になってBTS (防弾少年団)は、番組のホームページと、グループのホームページを通じて、「ミュージックステーション」の出演をキャンセルした事を発表しました。

茂木健一郎がBTS (防弾少年団)の「Mステ」出演キャンセルに独自の見解

これに対して、独自の見解をTwitterを通じて発表したのが脳科学者・茂木健一郎さん。茂木さんは「BTSのTシャツ問題についてはいろいろな考えがあるだろう。」とした上で、「ガラパゴス化しがちな日本の地上波テレビが力をもらえたのにと、残念に思う。」とコメント。

さらに茂木さんは次のツイートでは、「むしろ、BTSに出演してもらって、番組内で、この問題についてのわだかまりを解くような一言を放送できたら、ものすごく価値が生まれたのに。」とコメント。公式の場で謝罪するチャンスもあったのに、出演をキャンセルした事で、わだかまりだけが残ってしまった事を残念に思うと、今回の騒動に対しての自身の想いを綴っています。

茂木健一郎のツイートへのネットの反応

茂木さんのツイートに対しては、「中立から見た、とても貴重なもの」と肯定的な意見があります。一方で、「原爆のは音楽とは別の不祥事で纏められるべきでしょ。最低今年は日本のTVは自粛でも仕方ない」と真っ向から否定的な意見もあります。また、他にもBTS (防弾少年団)の立場上、公式の場で謝罪のメッセージを言わせるのは酷なのではというメッセージも寄せられています。あのTシャツを着たことで問題が起きてしまったことは確かですが、Tシャツの問題について、メンバー自身が何も語っていないのが、問題をより大きくしているようです。例え、「ミュージックステーション」のような番組でなくても、Tシャツを着た意図や謝罪などがあればここまで、問題がこじれる事はなかったのかもしれません。立場上難しい面もありますが、BTS (防弾少年団) には、公式サイトやSNS経由でもいいので、Tシャツについてのコメントを出して欲しいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.