渡辺満里奈「人間になる前に芸能人になっちゃった」名言に反響! #ボクらの時代

更新日:

8月16日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、渡辺満里奈さん、野宮真貴さん、松本孝美さんが登場。渡辺さんがネプチューン・名倉潤さんとの結婚生活について語り話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■渡辺満里奈「人間になる前に芸能人になっちゃった」名言に反響!

今回の番組では、夫婦生活について松本孝美さんから「満里奈さんところは結構オープンに生活してるって聞いた」と渡辺満里奈さんに質問が。

すると、渡辺さんは「うちはそう。めっちゃオープンで、結婚当初から『俺はガラス張りだから』って、どこで何してるか分かんないっていう時間を作らない。だから何時に仕事が終わって、誰々とどこどこにご飯食べに行ってくるとか」と、夫で、ネプチューン・名倉潤さんの考えもあって、生活をオープンにしていることを明かします。

続けて、渡辺さんは「私もどっちかっていうと本当しゃべらない方で、喧嘩するとムスッみたいな、黙っちゃうんだけれども、そうやって黙ってしまうと、話が前に進まないし、いつまでも口利かないっていうのは耐えられないと…。なので何があってもその日のうちに終わらせようみたいな、ずいぶんと本当建設的な人だなみたいな」とコメント。

そのことを踏まえ、渡辺さんは「私そういうお付き合いをしたことがなかったから、黙ってれば相手が折れるみたいな、そのうちに折れるみたいに思ってた節があったから、ああそうかって。やっぱりそういうコミュニケーションを重ねていかないと、いけないんだなっていうのを教えてもらったっていうか。私は15歳でデビューをして、本当に人間になる前に芸能人になっちゃった感じだから、いろんなことが未熟というか…。そういうのは凄く力になってもらってる」と、自分の足りない所をフォローしてくれる名倉さんに感謝している思いを語りました。

■渡辺満里奈が年齢を重ねることへの葛藤を明かす

そして、年齢を重ねることについて、渡辺さんは「そうやって前向きに年を重ねたいと思った時に、その年なりの美しさがあればもちろんいいと思うんだけど。40代になったぐらいの時に受け入れられなくて、皺が増えていったりとか」と、40代の時にそのことを受け入れられなかったことを明かします。

すると、野宮真貴さんも「40代って私もそうだった。無理してたというか頑張ってた。失っていくものを補おうとして、今、当時の写真見るとね、ちょっと頑張り過ぎっていうか」と渡辺さんのコメントに共感しました。

続けて、渡辺さんは「ずっと受け入れられなくて『やだ!』みたいな。やっぱり、アイドルとかそういうイメージを持ってる人もいると思うし、年取ってくのはしょうがないんだけど、何か受け入れられないみたいな時期が40代の半ばぐらいまであって。でもそんなの通り越して、通り越すと楽になりますね、すごいね」と、そうした感情を乗り越えた現在の心境を告白しました。

今回の放送について、ネット上では「15才でデビューして『人間になる前に芸能人になっちゃった笑笑』名言…」「おニャン子の満里奈さんが更年期の話題だなんて〜、と思いましたがその身振りはいつまでもアイドルのまま!!でも歌唱で落ちたオーディション(笑)ガラス張りの名倉潤さん凄い!信頼し合ってるんですね」「いや〜素敵な回だった!こんな大人になりたい!しかし、野宮真貴さん還暦マジか…」などのコメントが上がっています。

渡辺さんが15歳でデビューしたこともあり自分を「人間になる前に芸能人になっちゃった」と表現したことに、驚いた人も多いのではないでしょうか。そんな渡辺さんに「俺はガラス張りだから」と伝えたという名倉さんとのエピソードは、とても素敵でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.