『ここまで上がってこいよ』バナナマン設楽の名言がカッコ良すぎると話題!

更新日:

10月21日放送の「バナナサンド」(TBS系)では、お笑いトリオ・東京03がゲストとして登場。東京03・飯塚悟志さんがバナナマン・設楽統さんから言われた忘れられない言葉を明かし話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■東京03が「バナナサンド」に登場

今回のゲストは、2009年の「キングオブコント」王者で、単独ライブのチケットが人気すぎて取れないと言われるお笑いトリオ・東京03。

そんな東京03のメンバーにサンドウィッチマン・伊達みきおさんが「そもそも全国ツアーはなんでやりだしたんですか」と質問します。

すると、東京03のリーダー・飯塚悟志さんは「バナナマンに憧れて…バナナマさんがやってたの、全国ツアー」と、全国公演をやるきっかけはバナナマンだったことを明かしました。

続けて、飯塚さんは東京03になる前、豊本明長さんとコンビを組んでいた時に、バナナマンの新潟公演を観に行った時の記憶を回顧します。

飯塚さんは「全然知らない場所でお客さんがわぁって入ってそこの人たちを笑わせてるのを後ろで観てて『かっこいい』って思ったの…。営業とかで何組かでショートコントをやったりとかは経験あったけど、単独ライブで地方回ってるのは初めてで衝撃だった、やりたいって思ったの。あれ観てなかったら、もしかしたら、やってなかったかも」と全国公演をやるきっかけはバナナマンの影響が大きかったと力説しました。

■東京03飯塚がバナナマン設楽から言われた忘れられない言葉を明かす

飯塚さんは東京公演も鑑賞したそうで、公演終了後、挨拶のためにバナナマンの楽屋を訪問したことを明かします。

この時、飯塚さんが設楽さんに「面白かったです」と公演の感想を伝えると、設楽さんは「ここまで上がってこいよ!」と語りかけてきたと言います。

思わぬ話が出たので設楽さんが恥ずかしそうな表情を浮かべながら「俺も言ったけど、ギャグっぽくもあるよ。ギャグっぽくもあり、いわゆる東京03もね、やりたいだろと、腐らず頑張ってやろうよとギャグみたいなものもあって、それがでもビンビンに響いた」とコメント。

すると、飯塚さんはそうしたバナナマンへの憧れもあって「本当に嬉しかった」と、バナナマンと東京03によるユニットライブ 「handmade works」を開催できたことは、喜びや感慨もひとしおだったそうです。

また、飯塚さんが「3万5000人くらい」と単独ライブでの観客動員数を明かすと、設楽さんは「球場とか埋まるんだから」とわかりやすい例えで、東京03の圧倒的な動員力を絶賛しました。

今回の放送について、ネット上では「設楽『ここまで上がってこいよ』クソかっけぇな」「ここまで上がってこいよはマジ名言」「飯塚が設楽からさとしって呼ばれてんのめっちゃ可愛いな」などのコメントが上がっています。

設楽さんが飯塚さんに言った「ここまで上がってこいよ」という言葉は本当にかっこいいですね。

また、飯塚さんが心からバナナマンのことをリスペクトしている気持ちも伝わってきたのではないでしょうか。

【番組情報】
バナナサンド
https://tver.jp/corner/f0059564

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.