志尊淳「同じ男としてめちゃめちゃかっこいい」江口洋介の印象を明かす!

更新日:

9月25日放送の「あさイチ」(NHK総合)のプレミアムトークでは、同局放送のドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~ 」で主人公・島田修悟を演じる俳優の江口洋介さんが登場。ドラマで共演する志尊淳さんが江口さんの印象を語り話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■博多華丸が「ひとつ屋根の下」の名台詞をネタに

「あさイチ」恒例の"朝ドラ受け"では、直前に放送された連続テレビ小説「エール」の関内梅(森七菜)とその婚約者・田ノ上五郎(岡部大)のキスシーンが話題になります。

近江友里恵アナウンサーがついに太平洋戦争が始まり、物語も暗い展開になると話すと、博多華丸・大吉の博多華丸さんは「ちょっと岡部君が出てちょっとホッとしましたけどね。救われる映像があったんで」とコメント。

これに対して、近江アナが「あの時がすでに懐かしくなってきちゃった」と伝えると、華丸さんは「でも芝居とはいえ、ほっぺにチューされていましたね『そこに愛はあるのかい?』って私は思いましたけどね」と、本日のゲスト、江口洋介さんが"アンちゃん"こと柏木達也を演じたドラマ「ひとつ屋根の下」(フジテレビ系)のあの名台詞をネタにして笑いを誘いました。

■志尊淳「同じ男としてめちゃめちゃかっこいい」江口洋介の印象を明かす!

江口さんは、ドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~ 」で主人公・島田修悟役を演じています。このドラマで、江口さんと共演している志尊淳さんがインタビューに応じ、江口さんの印象を明かしました。

志尊さんは「小さい時から拝見させていただいてた方で、率直な感想『うわっ!江口洋介さんだ』っていう感じで、最初凄く緊張してたんですけど…。物凄く気さくな方で、やっぱり、飾らない雰囲気が同じ男としてめちゃめちゃかっこいいなっていう印象が凄くありました」とコメント。

続けて、志尊さんは「江口さんは一言で言うと『男』っていう感じで、漢字の『漢』っていうのが凄く似合う方だなっていうのは思ってて。なんか、凄く強さが見えるのと、それと同時にしなやかさというか、座長としての組みの引っ張り方と言いますか…。背中で見せていく部分があったり、プロフェッショナルとして現場に来てるっていうその精神が強く垣間見れて、学ぶ部分は物凄くありましたね」と江口さんの背中が頼もしく見えたと語ります。

一方で、江口さんも「志尊君なんかある種、芝居に関して、自分はこういうふうにしたいんだという思いみたいなものが凄い強くて」と、演技に対する志尊さんの情熱を絶賛しました。

■あさイチでのトークに反響!

今回の放送について、ネット上では「淳ちゃんいつでも演技への想いが凄いんだな」「そこに愛はあるのかい?華丸さんのブッ込みにまだジワってる」「そこに愛はあるのかい?朝ドラ受けでフライング華丸さんw待ちきれなくて溢れてるww」などのコメントが上がっています。

"朝ドラ受け"で梅と五郎のキスが話題になった際、フライング気味に「そこに愛はあるのかい?」と『ひとつ屋根の下』のアンちゃんの名台詞を急に入れてきた華丸さん。江口さんの登場に繋げるトークは、流石でしたね。

また、江口さんと志尊さんがお互いの印象を語り合う場面では、演技に対する熱が伝わってきたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.