嵐・二宮、ハリウッドデビュー記者会見で「アイドルです」こだわった理由明かし感動の声

更新日:

2019年9月28日の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)は3時間スペシャル。今回は20周年特別企画など内容盛りだくさん。なかでも記念館では、ゲストが何と嵐。ファンも知らないようなエピソードが続出して大きな話題となりました。

ファンも初耳!「A・RA・SHI」は実は2曲あった?

相葉雅紀さんは他メンバーと違い、デビュー3日前にすべりこみで嵐に加入したことはファンの間でも有名な話。実はデビュー当時、相葉さんだけ知らない曲があったことが話題になりました。

相葉さんはデビュー曲の『A・RA・SHI』を練習する際に、他のメンバー4人が「この曲こうなったんだぁ…」と話しをはじめ、ポカーンとする瞬間があることを明らかにしました。これに対し、松本潤さん曰く『REACH OUT FOR MY DREAM』と『夢はSOSO』という2曲があったそう。その2曲がくっついた曲が『A・RA・SHI』なんだそうです。

これに対してTwitterでは「初耳エピソード!」「REACH OUT FOR MY DREAMと夢はSOSO聞いてみたい!音源残っていないのかな…」と、ファンの間でも初めて知ったという人も多いようで、大きな話題になっていました。

ニノの嵐に対する愛にファン感動!!

二宮さんといえば「硫黄島の手紙」でジャニーズ初のハリウッドデビューを果たしました。実は二宮さんは、ハリウッドデビュー目的にオーディションを受けた訳ではなく、実は目的はクリント・イーストウッド監督。

「監督に会えるだけでも価値があると思ってオーディションを受けた。監督がどういうことを言った、どういう服を着ていた、どういうことで会場を回してたという情報をTVでいうために受けた」と明らかにしました。

さらに、二宮さんは実は加瀬亮さんの役を受けていたそう。その後「オーディションを受けていない役で受かったよ」と連絡がきて「ドッキリだ」と思ったそうです。

ゲストとして出演していた風間俊介さんが「当時記者会見で、海外の記者が俳優と言うたびに『僕は俳優じゃなくて日本で5人で活躍しているアイドルです』と何度も言っていたのがスゲェと思った」とコメントすると、二宮さんは「もちろんもちろん!ソロ活動は5人に還元してなんぼ!5人に還元できないならやりませんって事務所にも言っているから。」とコメントしました。

この二宮さんの発言にメンバーも感動していた様にも見受けられます。Twitterでは「ニノの発言にかなり感動…!」「ちょっとまじで涙でた」「ニノの嵐愛に感激」など、感動したというコメントが続出していました。メンバーだけではなく、多くのファンを感動させたようですね。

伝説!?コンサートで披露されなかった嵐のバンド

コンサートで様々な演出をしている嵐ですが、今までに唯一失敗があったそうです。それは、バンド。ジャニーズでは、バンドをするグループも多く「僕たちもやろう!」となったそう。役割は、大野さんがドラム、二宮さんがギター、櫻井さんがバイオリン、相葉さんはベース、松本さんがキーボード。

曲は「とまどいながら」で、2ヶ月間練習していたそうです。しかし、リハーサルで合わせると「これ辞めよう」となったそう。二宮さんが「僕たちがとまどってた」と言い、会場に笑いを誘いました。

ファンからは「え?めっちゃ見たいんですけど!」「楽器、何か意外だわ!」「いつか披露してください!」など、嵐の貴重なバンド姿を見たいという声が多く集まっていました。

今回の嵐記念館は、ファンが初めて聞くようなお宝エピソードが多く明らかに。様々なことを乗り越え、トップアイドルである嵐がいるのだと納得。神回といっても過言ではない放送となりました。

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.